埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

誤解の無いように 献金について

2016年3月6日の亨進様説教には次の部分があります。

私は江利川さんにこういいました。

「江利川さん、40%もしなくていいです。

国進兄さんも10%でいいとはっきり言いました。」

すると江利川会長は「それでも40%差し上げたいのです」といわれるので「そうおっしゃるのならご自分の自由と責任でそれを行なってください」と答えました。


もしそれを苦痛に思うのなら別のサンクチュアリに行けば良いのです。

そこがこれまでと異なるところです。

40%を好まないなら10%捧げるところに行けばいいだけです。

ここで40%とは、日本の本部がアメリカの本部に捧げるものです。

苦痛に思うとしたら「本部」の人だけでしょう。

日本の本部が蓄財しないことは、むしろ立派なことだと思います。

アメリカに青年セミナーハウスを建てて頂きたいと、江利川総会長は願っています。


私達は、10%しか捧げていません。

個人が10%を埼玉教会に捧げたら、埼玉教会はその10%、すなわち個人の1%だけ日本の本部に捧げます。


「まず自分がしっかり立つ」

み言葉通り、私達ができるようになっています。

繰り返しますが、決して「中央集権」ではありません。


全国から「1%」が集まっても、それほど大きくありません。

その中から、本部の身を削って、40%を捧げたい「心情」のお話です。


御父様は「30%」とおっしゃっていました(2006年6月13日)。

それに対して、亨進様も、江利川総会長も、それぞれの「自由と責任」で行なっていらっしゃいます。

いずれにしても、天一国ができるまで、「過渡的」なものだと思います。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com

         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )

         任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。