埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

女性の価値の実感 そして「神の立場で愛する」

日本サンクチュアリ協会アーカイブスの澤田さん以外に、もう一人の澤田さんという功労者がいます。
見事な退会届を執筆した澤田地平さん(日本サンクチュアリ協会東京江戸川教会長)です。
私達は古い知り合いです。
家庭連合の対策ビデオが私を少し有名にしてくれたお陰で、再会するすることができました。


かつて私は、澤田さんの「女性」に関するみ言葉の小論文を拝見したことがあります。
「女性」が究極的な被造物である、という内容です。
実は御父様も「女性」に生まれたかった、と語られたことがある、という部分が印象的でした。


2016年3月2日の亨進様説教「絶対唯一不変の神様」のみ言葉から、それを思い出しました。

神様はお一人で寂しく生きておられたので、二性性相ではあられますが、神様はエバを願われました。対象。

ですから原理の立場から、神様からアダムエバが出ますが、神様はアダムの身体を使い、エバと結婚するようになります。

エバを愛するようになり、エバの新郎になられます。

特別に男子たちはもちろん、アボジと息子の愛を感じることができますが、特別に!アボニムは新婦たちの愛を受ける時、新婦たちの歌を聴いた時に、ああ、私を愛する新婦たち、私の娘たちの讃揚(さんよう=賛美)を受ける時、その時は!一番、愛を感じることができました。

男性は、女性ほどには、神様を喜ばせることができないのだ、と悟りました。


私は家内を見直しました。
そういう意味からも、夫は妻を愛さなければなりません。


「神の立場で愛する」です。


逆に言えば、女性は「神」ではありません。
御母様の問題があるので、念のため。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )
         任命式の映像はこちら
















×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。