埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「暗闇」から「目的地」へ導く「灯」

亨進二代王、ダラスからのメッセージ(キングズレポート5月8日)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

神は道を整えてくださると聖書にあります。キリストは歩みを照らすです。これは素晴らしいたとえです。神様とキリストは全体をすぐには見せてくださいません。行く道がどうなっているか見せてはくださらないのです。目的地が見つかることは分かっています。あなた(神様)の御国は来たり、御心はなされます。

しかしそこに到達するまでの、道は分かりません、暗闇の中を歩いています。



1.暗闇


サンクチュアリ週刊ニュースの、キングスレポート  ティム・エルダー本部長   「アボニムが聖和された後の周到に準備されたクーデター」 2018.4.21から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

アボニムの祝福の力が,清平を成功に至らしめ,清平への献金をもたらしたのです.アボニムが祝福していなければ,日本の食口も献金をしなかったでしょう.それは,主に日本のものであります.米国人や韓国人の清平への献金額は,日本人に比べて,僅少ですから.


文鮮明先生말씀選集の、解放の王土と天の息子娘  (1) から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

先生も同様だ。先生がいつ家庭を中心に皆さんのように夢を抱いて生きてみたことがあるか? あるのかないのか? 7年路程を自分の為に避難よりも悲惨な非難の道を歩いてきた。奴婢として生活できる家にもお願いをして主人が僕の場に行って恥ずかしいことを免れながら人間が歩んで行かなければならない路程でどんな道もすべて経てきたという事実を知らなければならない。人間の事情を誰よりもよく知る人だ。神様の事情をよく知って。



2.目的地


サンクチュアリ週刊ニュースの、キングスレポート  ティム・エルダー本部長    「アボニムが聖和された後の周到に準備されたクーデター」 2018.4.21から引用します。

彼(國進様)は,アボニムと話して,日本が払うべき蕩減は終わったと聞いたことを,話されました.日本は,そこから解放されました.彼は,その話を,私が呼ばれた際に,語りました.


文鮮明先生말씀選集の、解放の王土と天の息子娘  (3)から引用します。

私には家が必要でない。宮殿が必要ない。砂浜に入ってモグラのように生きても神様だけ解放すればよい。それではその砂浜が砂浜ではだめなのだ。天国に瞬く間に変わるのだ。希望した数十倍、数百倍の福を神様が準備しているという事実を知っている。どういうことかわかるか?



3.灯


一昨日の当ブログから、自分の文章を引用します。

しかし今は、「主権」「所有権」と言われて、自分自身の「城」=「王国」について、考えさせられています。

「王冠」も、「鉄杖」も、「王国」のためです。)


「キリストの後継者」、二代王の御言葉が、私達の「灯」です。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。