埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「本体論」を思い出す御言葉 (文鮮明先生말씀選集から)

(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)


カイン、アベルの復帰と責任分担の完成  (3)から引用します。

今日の夕がたバンケット(banquet; 晩餐)の時み言葉をする題目が ‘真の父母は神様の体’ と言うみ言葉がある。これが最後だ。理論的に全て宣布した。それだけ知るようになればこの時がどうかを知っている。

「宣布」したことを、「教育」するのが「本体論」です。


カイン、アベルの復帰と責任分担の完成  (4) から引用します。

そう、理論的だ。理論と言うのは漠然とした理論ではない。原理原則を通じた、一つのモデル、品を通した原理原則に一致する為に天地が存在する限り、神様の体、心が一つになる限り、レバレント・ムーンも体と心が一つになってその相対になっているので、愛を中心としたその相対は永遠なものである。

その後「絶対性」として表現されるようになる内容だと思います。


カイン、アベルの復帰と責任分担の完成  (5、完)から引用します。

神様の体であって、神様自体と言えば問題がくりひろげられる。「はい、神様の体であられます。真の父母様が。神様がいつも真の父母様と共におられるのだ。歌を1曲歌います。」(金奉泰総長の歌)

その後「キリストは100%神であると同時に100%人間」と表現されるようになる内容だと思います。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。