埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「幼な子」のような「労働者」を尊重する天一国 

息を飲む展開の速さ-2月11日鉄の杖の王国4英語説教(その1)、および、「我々は他人を見下すのを止めなければなりません」-2月11日鉄の杖の王国4英語説教(その4完結)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)


マタイによる福音書18章

3:「よく聞きなさい。心をいれかえて幼な子のようにならなければ、天国にはいることはできないであろう。

4:この幼な子のように自分を低くする者が、天国でいちばん偉いのである。


配管工のような服装の大柄の男

獣医のところで別の部屋の犬がひどく吠えていたのですが、そこで配管工のような服装の大柄の男が歩き回っていました。大きなブーツを履いていて、非常に心配そうな表情で激しくうろうろしていました。その人が向こうに座っていて、娘と王妃がいたのですが彼女たちはその男のことが怖かったのです。

彼は泣き出した

それでジャック・ラッセルが運びだされて、それは小さな犬でしたが、彼は泣き出したのです。「俺のベイビー」と言って泣いているのです。


生活基盤を支えている職業の人
見かけほど悪くはありません

実際、軍人であるとか、電気設備や下水処理施設を管理しているような、家、電気、暖房などの生活基盤を支えている職業の人が、みなさんのために働いています。それなのに無意識にそういう人をどれほど裁いているでしょうか。教養がなさそうだとかそういった理由で。ところが話して見るとその人が(同じ)人間だと分かります。犬好きで繊細な心を持っています。見かけほど悪くはありません。


弁護士とか事務所で仕事をする人
人を食い物にする者

私たちはこのような偏見を持っています。というのも彼がブルーカラーの労働者で我々のほうが上だと思っているからです。弁護士とか事務所で仕事をする人やメルセデスベンツを運転するような人と一緒にいるべきだと考えているのです。そういう人たちは偽物です。セックスクラブにいるような人がほとんどです。全く不道徳なのです。

10パーセントは人を食い物にする者がいます。ホワイトカラーの、スーツを着た弁護士などは超プレデターです。夕食を奢ってもらいセックスをしたら捨てられて、次の女性のところに行ってしまいます。そのような弁護士や重役がどれほどいるか分かっていますか。


リベラル 左翼共産主義者 政府

その人たちは中央集権化した権力だけを求め、人々を洗脳して弱くさせ、意識を低下させ、抑制できなくするのです。

それは我々が天使長のシステムに依存するようにして、自分たちの存在を正当化させたいからです。

能力を奪い、税金を奪おうとしています。

多くの法律を作り、「弁護士」の仕事を増やします。
自然を愛することを忘れさせ、娯楽産業で誘惑して、国民を愚かにします。
「福祉」に依存させ、「大きな政府」をつくります。


天一国は、正反対です。
天一国で、労働者の位置は、上がるはずです。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。