埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「休めば腐るということだ」

2016年5月1日の当ブログで、「私はお父様ではないので休まなければいけません」という記事を書きました。
それによって、少し慰めを得ることができます。


しかし、今年1月23日の当ブログでは、「すべての時間を神様のために使用しなければなりません」という御言葉を引用しました。
それに通じる御言葉を得ました。


ブログ「文鮮明先生말씀選集」の「王権の樹立と宣言文の解説(4)」から引用します。

今日はピースカップを休むだろう? 休めば腐るということだ、休むことが良いのではない。腐り始めるというのだ。眠りを多くとる人は生きられないようになる! 休むとそうじゃないか? ご飯がすえれば匂いが出る? カビが咲く? そこで韓国語は啓示的だ。東側でなければ西側に必ず必要であり、東西とその次に中央に必要であるが、南側北側であるとか上下に必要であるのだ。」

「眠りを多くとる人は生きられないようになる」
旧約聖書・箴言の聖句を思い出しました。


箴言/ 06章 04節~05節

あなたの目を眠らせず、あなたのまぶたを、まどろませず、


かもしかが、かりゅうどの手からのがれるように、鳥が鳥を取る者の手からのがれるように、おのれを救え。


箴言/ 06章 09節~11節

なまけ者よ、いつまで寝ているのか、いつ目をさまして起きるのか。 


しばらく眠り、しばらくまどろみ、手をこまぬいて、またしばらく休む。 


それゆえ、貧しさは盗びとのようにあなたに来り、乏しさは、つわもののようにあなたに来る。


箴言/ 12章 24節

勤め働く者の手はついに人を治める、怠る者は人に仕えるようになる。


箴言/ 12章 27節

怠る者は自分の獲物を捕えない、しかし勤め働く人は尊い宝を獲る。


箴言/ 15章 19節

なまけ者の道には、いばらがはえしげり、正しい者の道は平らかである。


箴言/ 20章 04節

なまけ者は寒いときに耕さない、それゆえ刈入れのときになって、求めても何もない。


箴言/ 20章 13節

眠りを愛してはならない、そうすれば貧しくなる、目を開け、そうすればパンに飽くことができる。


箴言/ 21章 05節

勤勉な人の計画は、ついにその人を豊かにする、すべて怠るものは貧しくなる。


「聖書はお父様が書かれた」
ですから「箴言」も、お父様が書かれました。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。