埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

再び「激励の御言葉」 5月3日亨進様の韓国語礼拝から

翻訳・掲載に感謝申し上げます。
長い説教の中で、自分を激励する御言葉を探しました。
「政治」がどうなろうとも、普遍的な「個人」の内容です。


感情コントロール 集中して闘う

お父さんがその横に座って、「感情コントロール、感情コントロール。闘え、闘え。」と言いました。すぐ横に座っているのに。

そのようにしていくと、わかります。感情に流されてはいけないと。お父さんから出てくる内容が感情コントロール、感情コントロール闘え、闘え、だから。そして集中して闘います。


私に能力を下さる方の中で私は何事もすることができる

私も今回、タクティカルセーター(機能性セーター?)を一枚注文したのですが、腕のところにワッペンがあります。くっつけられるようにしてあるところがあります。それで、右側にピリピ人への手紙4章13節に出てくる「キリストを通してなにごともすることができる」と書いてあるワッペンが一つついていて、「私に能力を下さる方の中で私は何事もすることができる」と書いてあるのがついていて、下には、シープドッグ(牧羊犬)。そして、反対側にはどんなワッペンがついているかというと「侍」という字が漢字でついていて、その横にかわいい忍者あります。銃を持った忍者。


現実感を学び 人間関係がうまくいく

現実感を学びます。自分の限界を学びます。現実感とその錯覚から抜け出るという事実!そのような人は成功率が千倍高いです。何かをするたびに人間関係でも事業をしても、千倍心理的に強く、現実感もあり、自分の限界も知り、公立学校の試験でいい点を取ったあほたちよりももっと確率が高いでしょう。試験でいい点数とるからって何がいいのか。お話にもなりません。すべてが人間関係なのに、試験でいい点数を取ったからといって、人間関係がうまくいくというのでは絶対にありません。


善なる天のお父様だからあるときは、行きたくなくても死の道を行かせる

天のお父様は女性じゃないから。私たちを強くしてくれる、成長させてくれる、成熟させてくれる天のお父様は、善なる天のお父様だからあるときは、行きたくなくても死の道を行かせる私の愛する神様!私を愛して下さる神様。そうでしょう?


闘わなければならないときは闘うことができる

しかし、それをすれば、皆さんは遺伝子が開かれます。責任ということが。力があるとき、このようなパワーがあるとき、責任もあるという事実を学びます。しかし、闘わなければならないときは闘うことができるという能力があります。そのような女性が国を守り、隣人を守り、言葉でだけ隣人を愛するのではなく、実態的に守ることができる人です!


その精誠と、お父様と連結しながら、お父様のために戦って行く

これは、これは、これは、自分の力ではできないです。 皆さん、その写真を見たでしょ?その精誠と、お父様と連結しながら、お父様のために戦って行くこと(によって)今や、鄭奎載(チョンギュジェ)と洪トランプをバーンと爆発的に上がったんです。 その精誠によって。… (アジュ)


その人の生命とその人の霊魂を愛するから私は準備する

皆さんはどうしてやりたくない内容をしますか? なぜ平和軍警察訓練をするのですか。 いつも快楽をくれるからですか? いつも喜びをくれるから?いえ、違います。なぜ皆さんは責任を持ってしようとしますか。愛です。皆さんは一人で暮らすのではなく隣人を愛し他人を愛し、子供たちを愛するからです。 そうならその愛する人たちを保護できる者になるために訓練をするのです。 愛で!

どうして無神論者と有神論者の論争の内容を学ばなければなりませんか?

自分が使うためだけで無く、子供たちが聞くとき愛のために、他の人が聞くとき、私はわかないという事では無く その人の生命とその人の霊魂を愛するから私は準備するし、自分の信仰の保護だけでなく、その人の信仰をいったん導くことができます。 子供が正しい道へ行けるように。

導く者。その人の永生のため死に行かないように保護することができるではありませんか。或いは連結できるではありませんか、このような内容で。

人類愛と愛国心。世界愛。人間愛、もちろん、神様への愛。ところで神様が創造した人間たちへの愛、人間たちが奴隷にならないよう人間たちが強くなり主人性を持って、いつの日か天一国宗族の王と王妃なることができるように。大変な大きな差なのです。

アージュ!


****

中央組織が言わなくても、自分が聖霊の火を受け、出て行って行動する

一般の人々が聖書を直接的にイエス様に触れ、直接的にイエス様と関係を持てば持つほど、イエス様が自分に啓示をくださり、このような牧会をしなさいと語られながら、中央組織が言わなくても、自分が聖霊の火を受け、出て行って行動するのです。自由と、自由と責任!

このような兄弟姉妹達と共有したい「激励の御言葉」でした。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )
         任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。