埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「王冠摂理」による「氏族的メシヤのための基台」 5月5日「王の報告」から

翻訳・掲載に感謝申し上げます。


1.信仰基台

なんと素晴らしいムーブメントでしょうか。お父様の権威のもとにあるすべての人々が、王冠を被ることから始める。

彼らのうえにはいかれた丸坊主の相続者、後継者がいて、文鮮明師の後継者であり王冠を被っているのです。

「父母と一つになる」条件です。
それによって「アベル」の立場を確立します。

全員が立ち上がって自分の王位を求めるのです。それと同時に、可能な場所なら、自分の所有を守るために修正第2条、武器を持つ自由を行使して、自己の領地に主権を確立する。


2.実体基台

この世に対する権力構造にたいして権威をもって、将来、神の国が到来することを語る。

たとえて言えば、「パロ王」と戦う「預言者」にならなければなりません。
そして「イスラエル民族」を率いなければなりません。

聖書はこの悪魔たちについて警告しています。彼らの王国は取り戻される。この世の王国はわれらの主とキリストの王国となる。世々限りなくキリストが支配する!アーメン。

これは全能の神と神がその権威を与えた人々の力である。


3.氏族的メシヤのための基台

神の民として万王の王、その王権とともに立ち、氏族メシア、王、王妃として、

地上の王国から主権と権威を取り戻すのです。

一人一人は「国家レベル」である必要はありません。
しかし、「自己の領地」は、できるだけ大きくしたいものです。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )
         任命式の映像はこちら


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。