埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「偽物先行理論」 5月9日「王の報告」等から

原理講論537頁から538頁にかけて引用します。

人間始祖が堕落することによって、元来神が成し遂げようとしてきた原理世界を、サタンが先立って原理型の非原理世界を成し遂げてきたのであり、神はそのあとをついていかれながら、サタン主管下のこの非原理世界を奪い、善の版図を広めることによって、次第に原理世界を復帰する摂理をしてこられたのである。したがって、復帰摂理の路程においては、常に、真なるものが来る前に、偽ものが先に現れるようになる。キリストが来られる前に偽キリストが来るであろうと言われたのは、その代表的な例であるといえる。

このことを、かつて倉原講師は、教会以外の場で「偽物先行理論」と呼びました。


5月9日「王の報告」から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

初めてですね、文氏が大統領になるのは。完全にサタン側です。お父様、万王の王文氏と連結されていない、三代王権と繋がっていない偽りの文氏、韓氏オモニの堕落によってこのような呪いが来たのですが、韓氏オモニが三代王権を高めていたなら文國進会長が最初の文大統領になっていたでしょう。

この(文在寅の)王冠を見てみなさい、信じられない。これはシュミータです。この王冠は、なんということでしょう。おお神よ・・。

「偽物先行」は、これだけではありません。

今回に欧州中央銀行家たちが再びフランスを自分の権力である欧州共同体の下に取って置くようになりました。

このような状況下で中国が、欧州共同体を進行したようにTPPと同じアジア連合を作る動きがあります。

スーパーエリート達がEUを作ったように彼らはアジア連合をつくろうとしています。文在寅が入った次はロスチャイルド、ビルバーダーグループの奴らはアメリカ連合もつくってカナダ、メキシコ、南米を一つにしようとしましたが、それぞれの国は自分たちの国の法律を破らないといけません。そうしてヨーロッパのように英国、スウェーデンまで適用されます。そのような中央組織、ソビエトのように悪いソビエト連邦のようにEUをつくりました、ヨーロッパに。ヨーロッパはヨーロッパソ連なのです。そいつらが東洋ソ連を作ろうとしているのです。ヨーロッパのようにフランスで勝ったので。


原理本体論774頁から引用します。

終わりの日には神側が必ず勝利します。

(中略)

神側が勝利すれば、世界平和連合本部という、世界を治める世界政府(World Government)が樹立されることでしょう。

原理講論166頁から引用します。

文化圏の発展においても、一つの宗教を中心として一つの世界的な文化圏を形成しているのであり、国家形態においても、一つの世界的な主権機構を指向して、国際連盟から国際連合へと、そして今日に至っては、世界政府を模索するというところにまでこぎつけてきているのである。

下手をすれば、「グローバリズム」「中央集権」が正しいと誤解してしまいます。
しかし本物は、二代王の天一国憲法しかありません。


フランス国民も、家庭連合も、間違っています。
安倍首相と日本国民も、間違う可能性があります。
ですから、「トランプ革命」を支持する運動が重要です。


家庭連合の内部で起きた、御父様の聖和後の「偽物先行」にも、早く気づいてほしいものです。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )
         任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。