埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

2月24日と、2月28日へ、心の準備

第51回 真の神の日2018.02.16文亭進2代王み言葉、および、「2月28日は素晴らしい鉄の杖の行事になる」-2月11日鉄の杖の王国4英語説教(その2)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)


1.数十万人祝福家庭の犠牲


その餌を投げるように世間にいるすべての万民を救援する

お父様から数千、数万人、数十万人祝福家庭を祝福されましたが、95%は地獄に落ちました。 韓氏オモニに従って、地獄の役事に陥ったが、その餌を投げるように世間にいるすべての万民を救援することのできる歴史を作られました。



2.驚くべき世界的転換点


ラリー・プラット会長が、神様の王権とともに立ち

そうしながら2月28日の前の2月24日、ラリー・プラット会長と全米国銃所有の会長はペンシルベニア州まで訪ねて来て、スイスとキングスリポートに来られて、米国の銃器王が全世界の万民の人類の権利のため、人権のために三代王権と今や活動しています。

世界歴史上初めて。

アメリカだけでなく、ラリー・プラット会長が、米国の銃所有王として150万人の信徒たちを持っているラリー・プラット会長が、神様の王権とともに立ち、米国の銃所有だけでなく、今回欧州の銃所有大会。

今や韓国と日本と南米の銃所有の人権と大会まで、人類の人権ために戦っていこうという驚くべき世界的転換点の前に、サタンがこれをすべて壊そうとしています。



3.恐ろしく危険な日


狂った共産主義者を送ることもあり得ます

皆さんは愚か者のように、2月28日はただ来ると言うが、その準備ためにどれほど多くの…、知らずに、その日がどれほど恐ろしく危険な日なのか分かりません。

羊の服を着るオオカミのように、羊たちを殺そうとします。このような世界的転換が近づいている時に、サタンが全世界のアベル国連の定着とアベル国連、王冠と鉄の杖の摂理を防ごうとしています。

政治サタン主義のやつらとサタン主義のやつらが、その日に先立って全世界の鉄の杖と王冠の所有物が広がって行くことができないように、狂った共産主義者を送ることもあり得ます。



4.この地域の警察関係者のために祈ってください


私たちは彼らをここに招待しています

ところで2月28日には警察官もここに来ます。州警察も地元の警察も来ます。すでにここに来てそれについて話し合いました。私たちは彼らをここに招待しています。法執行機関の人々がここに来るのをとても嬉しく思います。みなさんの安全を確保してくれます。みなさんも責任をもって対応してください。

聖書を信じるクリスチャンなのです

アイス釣りパーティでも素晴らしい警部補に会いました。そしてこういった警察関係の人たちは90パーセント以上、ほぼ100パーセントが憲法修正第2条(武器保有権)支持者です。警察官が来て話をしましたが、100パーセント修正第2条支持者であり、聖書を信じるクリスチャンなのです。グレッグが鉄の杖について話しをしましたが、その話を気に入って完全に支持してくれています。ただ悪いことが起こらないで欲しいだけなのです。ですから招待します。

彼らは祝福を受けても良いのです

私は中に入って行事を見て欲しいと伝えました。行事で、敬意を持ってまた規律を守って銃を扱っていることに感動するでしょう。それは私たちが、鉄の杖の力と権威と責任を理解しているからです。彼らは気に入ることでしょう。この地域の警察関係者のために祈ってください。2月28日に参加します。彼らは祝福を受けても良いのです。素晴らしいことが起ころうとしています。



5.しっかりと備えて


精誠を尽くさなければなりません

今や2月28日に先立って祈りと精誠と、サタンの攻撃もくる可能性があるから、すべての天一国の民が精神をしっかり、しっかり、しっかりと備えて、精誠を尽くさなければなりません。

臆病者にはできません

そのような驚くべき歴史の大ターニングポイントの前に、何もしないで楽にただいながら、成されることではない。

非難され、冒涜と嫌悪を受け、死ぬかもしれない覚悟をしながら

神様の心とキリストの心とお父様の心で、

全世界の善男善女のために立ち上がって戦っていくことができる人々が立ち上がらなければ、

死を恐れず、十字架を持って神様の王国を眺める者たち、

キリストと共にキリストの王権とともに立ち上がって行われた時に、

世界歴史転換点の前に立ち上がっている若者と勇敢な人たちが

お父様の権限権と天一国をリードして

平和軍警察として、世界の所有権と世界の人権を保護できる人たちがいなくては、

臆病者にはできません。


アージュ!



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。