埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「サイコパス」の伝統

下記の勉強を続けます。


1.裏切り


36頁

600余年前、自主独立の国であった高麗は、明に戦争で勝つ成算と、民族の故地である東北部(旧満州)を取り戻す見込みがあったにもかかわらず、李成桂の裏切りによって敵国であった明に臣従し、その属国になり下がった。

天一国創建に近づいていた家庭連合も、韓氏オモニの裏切りによって、サタンの配下になり下がりました。



2.猜疑


58頁

ほとんどの河川には橋がなく、李朝以前にはあった橋も壊された。

理由は、李朝が高麗に反逆して奪取した政権であったために、今度は自分たちが反対勢力のクーデターに遭うことを恐れて、軍隊が進軍できないようにしたからである。

被害妄想にとらわれ、国民の不便・国家の衰退など眼中にありませんでした。


「Rタイプの人達」の特徴の一つです。

「猜疑」 自分の身を守るために必要なのか、あるいは、自分の身に覚えがあるからか、むやみに他人を疑います。


「バスの計画」に着手しなければならないかもしれません-11月18日英語説教(その3:最終回)で語られたことも思い出します。

(家庭連合の)韓国人指導者はどうするでしょうか。「あなたたちは私の下でなければならない」「今日は忙しいので来てはいけません」「家にいなさい」。彼らはそういう栄光を(他の人に)望みません。権力を守りたいのです。



3.詐欺


100頁

北の政権・金一派は李朝とまったく同じ体制で、暗愚の世襲で権力を握り、朝鮮民族を根底から亡ぼそうと企て、朝から晩まで、嘘八百を並べ、偽りの宣伝を繰り返す。

飢餓民衆に向かって「地上の天国、楽園」「核開発」を宣伝する。

「独生女」の宣伝と同じです。



****


(付録)救国運動


100頁の続き

その宣伝に唆された韓国の凡庸な大統領、学生などが正義と不義を混同し、同盟国に対し、対決姿勢をとる。

配られたローソクに点火して、国家の主敵・金正日政権(当時)を同胞だと叫ぶ。

いまや韓国は、金正日に占領されたも同然のありさまである。

金正恩の時代となり、事態はもっと深刻になっています。


101頁

解決の手段は国際協調か、日本の復活しかない。

なんと、アメリカでなく日本が期待されています。
当時は、トランプ政権がありませんでした。
しかし、今の日本も、「隣人を守る」平和軍警察の精神が必要になったと考えます。


下記を思い出しながら終わります。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。