埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「神様が決して道全体を見せることがなく、足もとを照らす光にしかならない」

1.神様は先を見せない


自分も見えないけれど神様が導いている-12月2日英語説教(その4)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

しかし心配しないでください。完璧である必要はありません。常に100パーセント素晴らしくある必要はありません。よく分からないけれども神様を信頼している、と言わなければならない時があります。なぜなら信仰を持っているからだ、と。彼女たちを少し怒らせるでしょうが、考えてみればそうかもしれないと言うでしょう。男性が信仰を持っていることが彼女たちに平安をもたらすのです。


夫は道全体が見えなくても・・・。ちょうど神様が決して道全体を見せることがなく、足もとを照らす光にしかならないのと同じように。神様はその道をずっと一緒にいますが、数フィート先しか見えません。奈落の底や暗闇に立つ時、どこに向かうか分からなくても、神様はあなたを導きます。


妻が「どこに向かっているの。どうして前が見えないのか分からない」と言う時、彼女にこう言う必要があります。自分も見えないけれども、神様が導いている、と。彼女はあなたがそのような男らしい自信、何か自分より偉大な物を持っていると知る必要があります。彼女はあなたに従っているだけでなく、あなたよりも偉大なものに従っています。



2.私達はあせらない


上記を読んで最初に思い出したのは、10月29日の当ブログ「王と一緒に行くことが目的なのか、それとも自分の栄光を得るためだけなのか」です。
そこで引用した、ドナルド・トランプを見てみなさい-10月21日 英語説教(その5:最終回)から再掲します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

我々は余りにも遠くまで進み、余りにも不安で、余りにもイライラしています。神様の前に何があるのか見たいと望んでいます。そこにはたどり着けません。賢い人間は神様が歩まれるペースで歩みます。神様が歩まれる時、神様と共に歩みます。

神様と共に歩んで、先に行き過ぎず、また遅れ過ぎないようにしてください。ただ共に歩むのです。それが最良の方法です。



3.見えないけれど希望はある


そして、街を揺るがす神様の霊-11月25日英語説教(その2)も思い出しました。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

ところで証があるでしょう。ロザンヌ、素晴らしい霊的な体験をしましたね。ロザンヌから先に証をしてもらいましょう。キャメロン王妃(ロザンヌさん)です。今日の聖句に入る前に手短に証をしてください。


ロザンヌ:(中略)

そしてお祈りを受けている時、こう言われたのです。「恐れる気持ち打ちひしがれる気持ちを吐き出しなさい。」まさに、ぴったりの言葉でした。


それがあった週から、毎週、自分はできると思えるようになりました。打ちひしがれる思いが起こるたびに、「神様は私に対して御計画がある。神様は私たちについての計画を持っておられる。われわれすべてに対する御計画を神様は持っておられる」こう思うことができて救われるのです。


1の御言葉は、「祝福結婚」「夫婦愛」に関するものでした。
しかし、人生の全ての問題に当てはまると思います。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。