埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「夫婦愛」の御言葉 今年3回目

過去記事は次です。


それだけ二代王様が繰り返し語られるテーマです。
「絶対性」に関わる重要なテーマです。
今回の御言葉が一番具体的になりました。


「三角関係否定、性欲肯定の絶対性 2018年11月21日 韓国語説教 文亨進二代王より」から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)


1.率直に教えて、祝福家庭を成功させる

率直に教えなければ、そうすると成功率は落ちる。必ず落ちる。

しかし、実体的なことを学んで成功し、祝福家庭が活発な絶対性関係と、活発なエネルギーが沢山ある夫婦関係を持つ時、みんなが羨ましがります。どうしてか?外にいる人もそれを望むからです。みんなが羨ましがる。

そのような絶対性が強くてこそ、その関係にパワーが出てきます。パワー、エネルギーが出てきます。すべての人はそのエネルギーを感じることができます。

お前たちの祝福結婚も同じだ。全ての影響を与える人に力を与える。夢を与える。希望を与える。私もそのような良い関係をえなければならない。私も努力しないといけない。学ばなければならない。


2、子女教育

ですから、我が家の子供達は絶対性についておおっぴらに話します。常に。お父さんがお母さんをどのように誘惑するか、お母さんがセクシーな服をどのように買うのか全て話します。全て。子どもたちに対してそのような恥ずかしさは一つもありません。お母さんも、そのような恥ずかさは一つもありません。私たちは超越しています。

子供達と正直に話すことができる文化、お父さんお母さんは、子供が10代になったら、セックスについて大変自然に一回だけでなく、たくさん たくさん たくさん たくさん たくさん話すことができるお父さんお母さん。これがとても重要です。

セックスのミステリーを、友達やポルノやサタン世界が解いてはいけない、お父さんお母さんが解かなければなりません。え?そのセックスのミステリーを解いてあげなければ子どもたちはとても望むとても見たくなる何があるのか、その門の後ろに。


3.男性の責任

夫人を常に追いかけて行かなければならない。これはどれほど重要であるか。夫人を追いかけなくなれば、段々と夫人が難しくなります。

男性が家でそれをできなければ、女性は大きくアテンション(注目)を受けることができないから他のところで受けようとします。しかし、夫は自分の性欲を完全に受け入れて、終わりなく夫人を追いかける事ができる夫と、夫は最初は女性(妻)を誘惑することが分からなければ誘惑することを学んで、他の女性で学ぶのではなく本などで学んで、女性(妻)を誘惑して誘惑して誘惑して、女性にロマンスロマンスロマンス、こういうことを学ばなければなりません。

そうすれば、女性は常に家にいても、いつもスーパースターのアテンション(注目)を受けるのです。マリリン・モンローが家を行き来しても、その女性は見えず、夫人だけを見る終わりないアテンション。その夫のアテンションは他の女性ではなく夫人だけに常に。これはどこから来ますか?男性の性欲パワーから来ます。性欲パワー。ですから女性は自分も知らず知らず刺すのです。「あなたは変態だ。いつもしたがる。」ハハハ。

神様は男性を変態に作りました。夫人のためです。この愚かな馬鹿者ども。(アジュ)

二代王はいつも変態という声を聞きます、王妃から。しかし、私は僅かも揺るぎません。分かったか。ハハハ!そうできなくてはなりません。(王妃様「アジュ!」)

そして自然であってこそ健康な夫婦の性関係は1週間に3回は最少です。最少です。最少です。それも学ばないではないか。歳をとって80歳90歳になれば3回は難しいだろうが。ハハハ。

二代王様も、高齢者のことは分からないようです。
自分の年齢ではどうか、考えさせられます。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。