埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

過去記事の訂正と、江利川会長による「聖霊の役事」

先に、長い前置きをします。


当ブログの末尾には、二代王様から「油塗り」を頂いた映像のリンクを付けています。
それは「歴史」と「感謝」を忘れないためです。


ブログの説明欄にも書いてあります。

日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。

しかし、その後、江利川会長の決済権によって、2016年2月13日までの「祝福式」は、二代王様の映像を使えば、誰でもできるようになりました。
(さらに、その後は、「40日聖別」「三日行事」のために「祝祷権」が必要です。)


同じ頃、ある方が、次のような趣旨を話すのを聞いて、なるほどと思いました。

位置のある人を通してだけ働く神様ではない。

韓氏オモニが「清平と自分にしか御父様は来ない」と語っていたことの反対です。


最近、私は日本サンクチュアリ協会の「聖和委員会」を担当することになりました。
関連の話題として、昨年、江利川会長のお父さんの聖和式で、私は「主礼」を務めさせて頂きました。
その時に悟ったことは、「聖和式」の恩恵は、真の御父母様によるものであって、「主礼」によるものではない、ということです。


以上が「前置き」です。
その上で、10月28日の当ブログから引用します。

今や、それこそ「天一国主人家庭」は、いつでも・どこでも・誰でも、自分で「聖霊の役事」が可能なはずだと思います。

その根拠になると考えた御言葉も引用します。

私自身がやる事ではありません。

聖霊がされる事です。

この御言葉に加え、「前置き」の経験も踏まえて、上記の意見を書きました。


実際、ある意味で(個人的な次元で)「可能」だと思います。
しかし今回、別の次元の「聖霊の役事」がある、と訂正させて頂きます。


いよいよ、二代王様の聖霊伝授を受けて、江利川会長による「聖霊の役事」が始まりました。
(二代王様の映像を主体として、「とりなし」をなさる、と聞きました。
また、当然ですが、訪米して、二代王様から直接受けることを奨励されています。)


これから全国に広がると思います。
最初に行われた、仙台のスナップ写真を頂きました。


【日本サンクチュアリ協会 公開礼拝のお知らせ(11月25日)】を引用して終わります。

11月25日に、日本サンクチュアリ協会の公開礼拝を行います。

【日時】  11月25日(日)

 <礼拝>   午前10時半~(説教 江利川安栄会長)

 聖霊役事をいたします。

【場所】 参加をお申し込みいただき、参加が確定した方にお知らせします。

※ 礼拝の後に懇親会を予定しています。参加される方は各自昼食を準備して下さい。

会場のすぐ近くにもコンビニがありますので、昼食時間に買いに行くことも出来ます。

※ 電話では受け付けられませんので、必ずフォームでお申し込み下さい。(2018/11/18)



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。