埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

ファンクラブさん 森さん 「共に闘う永遠の兄弟」

先に、「聖霊のもとにーメシヤの涙」の「共に闘う永遠の兄弟姉妹に会えたことをお父様に感謝します!」から引用します。

感謝!感謝!いたします。そして、批判・反論してくださる方々も「共に闘う永遠の兄弟姉妹」です。感謝いたします。

皆、お互いに、このように考えられることを願います。


****


昨日の私のブログから引用します。

預言者は、神から直接語られたメッセージを預かり、人々に伝える人のこと。現代にも預言者がいるかどうかは、現代も、創造主なる神様が人々に直接的に語りかけることがあるかどうか、という理解にかかっています。もちろん、私たちの教会では、神様は今でも直接的に語りかけられると信じています。

「預言者」は、二代王様のようです。

他の人がこれをやるのは、それこそ危険があると思います。

神様は、皆に、個人的なアドバイス=「啓示」を与える、と私も信じています。
しかし、それは「人々に伝える」べき「メッセージ」=「預言」とは違う、と考えています。


神のための銃:AR-15の教会 & 聖霊に酔って無責任になるな!■キングスリポート11月12日,13日(2日分)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

先ほど受けた神様からのメッセージ:

多くの私の子たちが、銃によって無残にも殺されてきた。私の悲しみがわかるか?

亨進と国進は私のこの悲しみのために立ち上がった私の息子でありお前たちのキリストである。

受信者ファンクラブ2018年11月14日21:00

これは、どちらかと言えば、「預言」だと思います。
しかし、従来の二代王様の御言葉と比べて、どのような意味があるのか、よく分かりません。
むしろ、二代王様と國進様を「キリスト」と言うのはいかがなものか、という疑問を持ちます。


本文の御言葉から引用します。

多くの若者が聖霊の体験を受けた後に、そのものの外観だけを真似ようとすれば、

従おうとして神様の御言葉の聖霊の水を飲まなければ、太陽がその種を燃やして殺すように、むしろ間違った結論に到達すると言うことです。

皮肉にも、似たようなことになっているのではないか、と心配します。


とは言え、2017年2月24日の私のブログから引用します。

サンクチュアリも人が増え、お互い別々でも、気の合う仲間ができたことは喜ばしいことです。

わずか数人、しかも顔も見えないネット上で出会って、Cyberサンクチュアリ人協会を立ち上げたことを、なつかしく思います。

多くの人達がチェックし合うようになったので、自分一人で全てを背負ったかのように戦う必要はなくなった、と思っています。


****


「天の父とアボニム大好きな 脱会家庭一郎さん!」の「ずるい国 ずるい政府 ずるい会社 ずるい人間性」から引用します。

もともと、日本サンクと ただの8月6日に元帰りの聖酒式をしたものたちの意識は根っこから違っていまして

 王様の背後にいるお父様を信じ、率先して集まってきたものと 

江利川会長がいる安心感で来たかたたちの違いがあるわけです。

さーーー どうする 三原さん!!!!! さーーーーどうする堀さん!!!!!! サーーーーーどうする 谷本さん!!!!

 サーーーどうする   平井さん!!!!!!

「同志」とみなされ、「どうする」と尋ねられましたので、論点を探しました。
次の点だと思います。

中心はヌラリヒョン山口です。

  勢力はどんどん拡大していきます。

  韓国反日サタン連合VS 日本サンクチュアリーです。

  すでに 一部の日本サンクのメンバーは 取り込まれており 阿南さん夫妻もすでに 取り込まれたと感じます。

  悪意ある悪人の映像を見つけましたので ここに投稿します。

 3時間20分から それまでの王様の礼拝は素晴らしいのですが

  サタンの伝道士 フランシスコ 為為 ザビエルが降臨します。

阿南さんが いかに理不尽な扱いを受けようとも それを乗り越え 耐えて残るか? もしくは 自立するか? 

 サタンに身を献げるか

中間の赤字について、私は森さんと意見が一致しています。
最初の黒字について、「日本サンクチュアリ」を選びます。
最後の青字について、幸い自分は「試練」を受けていません。
(次を見れば、「幸い」かどうか分かりませんが。)


原理講論401~402頁から引用して終わります。

大きな使命を担う人物であればあるほど、彼を試みる試練もまた、それに比例して大きいということを見せてくださった。人間始祖が、神を信じないで遠ざかったがゆえに堕落したのであったから、「信仰基台」を復帰する人物は、神が見捨てられるという試練に勝たなければならなかったのである。それゆえにモーセは、神が彼を殺そうとされた試練に打ち勝ったのちに(出エ四・24)、イスラエルの指導者として立つことができたのである。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。