埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「祈祷日記」

神様の物語がある、あなたの証を世界に伝えなさい<第一編>18年11月7日 韓国語説教 ■文亨進二代王から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

5代、10代、100代後に、お父様に背信しない、お父様の権威圏にいるおじいさんおばあさんの、先祖のストーリーと証しを聞くとき、5代、100代、1000代が過ぎても、そのような伝説的な驚くべき内容を聞いて、祈祷を読んで、ですから、皆さんは日記を書かなくてはなりません。


若者たちは祈祷日記を書いていますか?!書いていますか?いませんか?若者たち!書いていますか?いませんか?え!?書きなさい!分かりましたか?


祈祷日記。

祈祷日記を書いてこそ、神様があなた達の祈祷にどれほど答えてくださったのか記憶できます。全て忘れてしまいます。永く見たら神様は驚くべき早さであなた達の祈祷に答えてくださっているのに、全て忘れてしまいます。


ですから祈祷日記は、神様のストーリーと神様があなた達をそのストーリーに参与するようにされたのか、入るようにされたのか、それを後孫に残していきます。分かりましたか?


若い女性は子どもがいません。20代の女性たちは子どもがいません。子供を産まなくては!洗脳された馬鹿者たち。(もちろん)祝福を受けて子供を産まなくては(なりません)。それは当然ですね。それは当然のことです。祝福を受けて子供を産まなくてはなりません。(笑)


5月24日の当ブログで、自分の「願望実現」の順位を書きました。

私の場合、1個目は、5月20日の当ブログのように、「養子」です。

「政治」は、3個目になるかと思います。

(使命感はありますが、願望は弱いものです。

ついでに、「伝道」は、別格という気がします。)

2個目は、「狩猟」です。

4個目は、「グランドキャニオン旅行」です。

10個と言われて、考えましたが、今日は、このくらいで止めておきます。


ブログは「日記」ですが、「祈祷」が足りない、と気づきました。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。