埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

猟銃等講習会 「鉄の杖の炎」への第一歩 


この記事の通り、「聖霊の役事」の次は、「鉄の杖」に向かうべきかと思います。


上記では批判する形になった、ファンクラブさんの「名誉回復」のために、下記をリンクさせて頂きます。
(執筆・掲載に感謝申し上げます。)

ここに貴重な質疑応答がありました。

F:日本では鉄の杖(銃)は持てません、おもちゃでも良いのでしょうか?


國進様:あなたはおもちゃの天一国をつくるつもりですか?おもちゃの銃で本物の天一国がつくれると思いますか?本物の天一国は本物の銃によってつくられるのです。本物の銃器所有が本物の天一国をつくります。本当に銃器所有することが本当に摂理を進める上で大切なのです。


F:それでは日本ではまず憲法で銃を持てるようにすることが必要ではないでしょうか?


国進様:銃器所有が先です。それが具体的摂理の中心です。まず銃を実際に所有すること、これが世界を変え天一国憲法を受け入れていく力になるのです。


さらに下記の記事でも、ファンクラブさんにお世話になりました。

その末尾で、3つの心構えを整理しました。

1.遅れてはならない

2.準備された者にならなければならない

3.訓練が重要だ

その上で、私は書きました。

結果的に私も、自分にとって、一つの「核心」を得ることができ、感謝しています。


その「核心」とは、実は「鉄の杖」の「準備」をする決意でした。
その後すぐに「猟銃等講習会(初心者講習)」に申し込みました。
そして11月6日に受講しました。


関連する話は、別の記事にします。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。