埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「聖霊の炎」から「鉄の杖の炎」へ

以前、下記の記事を読みました。



今回、それを思い出したのは、下記の記事を読んだからです。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)



「聖霊ペンテコステ教会となった聖殿」については書かれていない、と思いました。
むしろ「鉄の杖」が強調されている、と思いました。

最も聖霊が充満した教会も、どのようにして神の王国が地上に建てられるかを教えません。

また、聖霊の炎と鉄の杖(ヨハネの黙示録)がどのように神の王国を地上で立てられるのかについて話していません。

すべての事が霊的救援に合わせられているため、主の血統と地上天国建設に全くその焦点が当てられていません。


神様があれほど望んでいた神様の王国が地上に創建されるためにはもちろん、聖霊の充満した生(生き方)も必要ですが、同時に、神様の血統を受け継いだ夫婦が、鉄の杖を持って神の王国を建設し、守護するということです。

聖書では、再臨主が来られた時、鉄の杖を持って主と共同相続者として治めながら、陶器を壊し、神様の王国を統治しなければならないというのです。


多くのキリスト教徒は、実は霊的充満の人生を強調し、それだけを追求しているため、鉄の杖を持って神の王国を守護しなければならないことについては非常に不便に思います。

ハワード牧師は銃器所有自由について時折お話をされるのですが、聖書の観点で再臨主がいらっしゃった時の中心道具として使うのが鉄の杖であるという観点で教えられません。


私たちが消えない聖霊の炎を、私たちの内側に燃やし、そして鉄の杖の炎を灯すことも、私たちが恐れてはいけません。

善良な市民の人生を台無しにしようとする政治サタン主義者たちは、もちろん聖霊の炎を恐れますが、結局は神様を愛する人々の鉄の火を恐れているのです。

神の王国が地上に来るためには、神様を愛する人たちが鉄の杖を持って主管しなければならないということです。

それは避けることはできないということです。


サタン世界が主管しているこの地上世界の王の格となる毛沢東が"すべての政治の権力は銃口から出る"と言ったように、私たちがこの地上に神様の王国を建設することを真に望むなら、鉄の杖の主管は必要要件だということです。

"私たちが、世界の政府主義者たちとスーパーエリートたちから、私たちを神様が私たちに承諾した自由と人権を守護するために、鉄の杖の主管が必要ということです。

ただ警察と軍人のみが鉄の杖を主管するのではなく、市民全体が鉄の杖を主管できる国が、神の王国ということです。

したがって、私たちの聖殿の若者が今回このようにキリスト教復興会に参加することは、聖霊充満にも非常に重要な経験になるでしょうが、同時に、政治サタン主義が一国に迫ったとき、霊的救援のみを追求するキリスト教は絶対神の王国を守ることができないという現実を直視するようになのです。


鉄の杖を持つということは結局イエス様がされたように自分の命を捨てなければならないということでもあります。

それは恐ろしい事実です。

そのため多くのキリスト教徒が鉄の杖を避けるということです。

自分を犠牲にするという心構えがなければ、鉄の杖を持つ気になれないのです。


しかし、主に似ようとするキリスト教徒たちが鉄の杖を持っていなければ、神の王国と彼の羊の群れを守ることはできないということなのです。

そのため私の祈りはハワード牧師だけでなくもっと多くのキリスト教徒たちが聖霊洗礼と共に鉄の杖の重要性と訓練をもっとしなければならないと思います。


私だったら、今回のタイトルのようにしますが、いかがでしょうか?



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。