埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

改めて「自由と責任」 「教会長」としての懺悔

聖霊の贈り物、 選択の自由と責任・競争と均衡■<第二部>10月17日 韓説教 文亨進二代王から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

ところで考えてみなさい皆さんの父母は、遊んでいると「あれしろこれしろと」奴隷のように、大きくなっても「あれしろこれしろ」と言ったら、皆さんは父母と時間を過ごしたくないでしょ?そうですか?そうではないですか?


しかし、高いレベルの父母、parental、子どもたちのそれぞれの才能、それぞれの内容を開いていくことできるように。それは、ずっといい言葉だけを話しなさいということではありません。馬鹿なことをしたら馬鹿なことだと、キリスト教はいい言葉だけではありません。違い、責任、責任、責任!個人の責任、個人の責任、個人の責任、個人の責任!キリスト教のメッセージは、個人の責任、恩恵、恩寵、救い、信仰、全て個人の責任、個人の責任、個人の責任です。簡単に言うならば。


自由と責任、神の王国を自由と責任だと私達が言いますね。自由と責任、自由と責任、自由と責任、自由と責任が完全に重要なのです。

分かりやすく言えば宗教として、宗教の分析するならば、キリスト教の根っこは自由と責任です。自由だけではありません。勝手気ままにするのではありません。いつ神様は好きにすればいいと言いましたか。聖書にいつ神様が勝手気ままにしていいとおっしゃいましたか?一言もおっしゃっていません。


1月1日の当ブログから引用します。

「主管はしないが、放任もしない」という方針は、以前から伺っていました。

私自身は、「細胞分裂」という名目で、「放任」していることを反省します。

「首都圏礼拝」に依存してもいます。

(スタッフの皆様に感謝申し上げます。)

「反省」は言葉だけでした。
メンバーの「自由と責任」に頼ることを、自分の「自由と責任」にしてしまいました。


「天一国主人家庭」=「神氏族メシヤ」=「家庭教会」としては、かまわないかも知れませんが、「教会長」としては不足でした。
日本サンクチュアリ協会の「組織改革」と共に、再出発させて頂きます。


hide6500さんのコメント( 2018/08/22 23:17)を引用して終わります。 

教会長とか、救命ボートとか、油塗りを受けたとかいうのであれば、個人的なことはどうでもいいです。今このときの重要性を悟り、眠らずに二代王様とひとつになるように、人々に訴えかけるべきです。個人的なことは本当にどうでもいいので、サンクチュアリーの公人としての使命を果たされるよう希望します。


****


(蛇足)(趣味的な思索)


「自由と責任」とは、「自由に(行動を)選択し、その結果に責任を取る」という意味です。
しかし、その文脈を考えなければ、「自由」という言葉と「責任」という言葉は矛盾しています。
御言葉を変えるつもりはありませんが、「自発性と責任」と理解すれば、「矛盾」がなくなり、より「責任」が強調されます。


「強制」はされませんが、「責任」は取らなければなりません。
この場合、「責任」は、「結果責任」だけでなく「責任分担」を含みます。
「原理によって創造された人間は、それ自身の自由意志をもって、その責任分担を完成することによってのみ完成する」(原理講論125頁)という文章を見れば、「責任」が重要であることが分かります。


(しかし、「性相と形状」「内的と外的」の観点では、「自由」が「性相」「内的」であり、すなわち「主体」かと思います。
そういう御言葉があったような気もします。
その場合、「責任」の重要性は、「神様」「男性」にとって、「対象」「女性」が重要であることと同じです。


「創造本然の人間においては、神のみ言、すなわち、原理を離れてはその心が働くことができない」(原理講論125頁)からこそ、「自由」が「主体」と言えます。
「創造本然の人間」でなければ、「責任」を「主体」と考えることもできるかも知れません。)



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。