埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「組織」と「関係(信仰)」との違い

私は、下記の「矛盾」を、今回のタイトルのように理解しています。

天一国主人家庭がアベルで教会は天使長


会長(教会長)はアベルです。(国進様)

前者は「組織」の話、後者は「関係(信仰)」の話だと思います。
いずれにしても、「強制屈服」はなくなり、「自然屈服」だけが残ります。


「天一国主人家庭」が、「堕落性」を脱ぐのは、「自由と責任」に委ねられます。
それは、もしも人を通してでなければ、神様とキリストを通してだと思います。


信仰面で「堕落性」のある人が、組織面で「アベル」として、「自己主張」するのは仕方がないことです。
しかし、信仰面でも「アベル」になって、周囲を「自然屈服」させない限り、その「主張」は通らないと思います。


組織面で「天使長」は、「教育」の役割があり、無闇に「主張」に従うことはありません。
そして、「教育」のためには、信仰面の「アベル」として、組織面の「アベル」を「自然屈服」させなければならない場合もあります。


****


「心と体の関係のこころのサンクチュアリ教会と救命ボートとの一体化の摂理」という記事を読みました。
「個人的所感ですので勝手な事を述べますが、お許しください。」と書かれている通り、言論の自由は、私自身も含めて、守られるべきだと思っています。


そこで、10月13日の私のブログの文章を再掲します。

ちなみに「組織」は、「信仰」の問題ではなく、「主権」「所有権」の問題です。

そのために「信仰」は同じでも、複数の「組織」が認められています。

ですから「主権」「所有権」を尊重しなければなりません。


(中略)


たとえば、あるお父さんが、隣の家の子供達に、「君たちの家は、こうした方がいい」などと言ったら、「余計なお世話だ」と言わざるを得ません。


上記は、「組織」の一般論を述べたもので、こころのサンクチュアリ教会を批判したものではありません。


(ついでに、「聖霊の役事」についても、意見を述べておきます。
1.むしろ課題のある人が、優先的に必要なものだと思います。
2.「〇〇から広がる」というのは、祈りの常套文句であり、象徴的なものだと思います。
3.「〇〇に参加した人から天運を連結する」のは、家庭連合的だと思います。
4.今や、それこそ「天一国主人家庭」は、いつでも・どこでも・誰でも、自分で「聖霊の役事」が可能なはずだと思います。)


****


上記のお陰か、ある「啓示」を受けました。


10月19日の当ブログで、パウロの聖句を引用しました。
ローマ人への手紙/ 15章 18~20節

わたしは、異邦人を従順にするために、キリストがわたしを用いて、言葉とわざ、


しるしと不思議との力、聖霊の力によって、働かせて下さったことの外には、あえて何も語ろうとは思わない。こうして、わたしはエルサレムから始まり、巡りめぐってイルリコに至るまで、キリストの福音を満たしてきた。


その際、わたしの切に望んだところは、他人の土台の上に建てることをしないで、キリストの御名がまだ唱えられていない所に福音を宣べ伝えることであった。

「他人の土台の上に建てることをしないで、キリストの御名がまだ唱えられていない所に」
私は、「家庭連合を捨てて」とか「クリスチャン以外も」という問題意識で、太字にしました。


ところが、この引用に抵抗感を持った人がいたようでした。
私は、なぜなのか分かりませんでしたが、今回「啓示」を受けました。
「サンクチュアリ内部で、他の組織に手を出したい人」がいるということです。


今回、私の「リマ」で、次の聖句が与えられたのも「啓示」的だと思っています。
コリント人への第一の手紙/ 05章 09~11節

わたしは前の手紙で、不品行な者たちと交際してはいけないと書いたが、


それは、この世の不品行な者、貪欲な者、略奪をする者、偶像礼拝をする者などと全然交際してはいけないと、言ったのではない。もしそうだとしたら、あなたがたはこの世から出て行かねばならないことになる。


しかし、わたしが実際に書いたのは、兄弟と呼ばれる人で、不品行な者、貪欲な者、偶像礼拝をする者、人をそしる者、酒に酔う者、略奪をする者があれば、そんな人と交際をしてはいけない、食事を共にしてもいけない、ということであった。

「兄弟と呼ばれる人で」「貪欲な者」「人をそしる者」「略奪をする者」は、必ずいます。
家庭連合が証明しました。
悪人は、1000年王国が終わるまで、残ります。
とりあえず、私が生きている限り、「警告」と「戦い」は止めません。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。