埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

御父様の「投入」「攻撃性」 文鮮明先生말씀選集から

真の世界創建の主役  (6、完)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)


1.御父様の「投入」

夕食をとらなければ? 「朝です。」(笑い) 朝食か?(笑い) 「韓国では夕食です。」 私は夕食を朝食に、朝食を夕食に、そのように食べる時が多い。ご飯を食べる時間を何、どのように分けることができる? 自分がすることが忙しければ、夜を通すののがならわしだ。問題を解決できなければ眠りをよく眠れない。土地を掘って死ぬ場を掘っておけば掘っておいた。そのようにねばりつよいような男だ。やたらに反対するな、これは。わかりますか? 「はい。」

「昼か夜かも忘れる」と聞いていましたが、その実例です。



2.御父様の「攻撃性」

私が本当にこれからはいきなりぶん殴ろうとそうだ。今までは打たれて奪ってくる作戦をした。打たれて損害賠償だ。これからは探してみる世界のいい立派だという国、生まれがいいという人・・・。アメリカでもそうだ。上院議員、下院議長までも首を切ってしまい、120人の国会議員の首を切った人だ。数百の人たち、ホモを政府から追い出してしまった人だ。そう、私を一番恐れる。


「今までは打たれて奪ってくる作戦をした。」
この記憶が大きく残っています。
それは、御父様の「男性」「攻撃性」を隠そうとする、天使長による「イメージ操作」だったかも知れません。
そうなると、二代王様の「攻撃性」が目立ってしまいます。


上記の御言葉は、その「誤解」を修正してくれるものです。


ついでに、念のため、「銃器」を肯定する御父様の御言葉の過去記事を、リンクして終わります。




(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。