埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「死を恐れない」二代王様

文鮮明先生말씀選集の、真の世界創建の主役  (6、完)は10月5日付の記事です。
9月16日以来の、待望のものから引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。
その後も、お忙しいと存じますが、ご健勝をお祈り致します。)

統一教会の人たちは‘死のう’と言えば死ぬ人が多い。ここの人の中にも私が ‘共に死のう。’と言えば死ぬ人がいるか? どれ、手を挙げて見な。一匹もいない。(笑い) あ、いないのでこのような人たちが何にかかるのかということだ。言葉でも言えない。

笑い事ではなく、御父様は寂しかったと思います。
ただし、この御言葉は、次の環境で語られたものです。

2005年8月8日(月)、ノースガーデン(アラスカ コヂアック)。

このみ言葉は朝の訓読会の時、韓国の国家指導者特別セミナー参加者にされたもの。

どちらかと言えばVIPで、食口ではなかったと思います。



「真の父母は一体」ではないと韓オモニが裁判所で証した-9月30日日曜礼拝 英語説教(その2)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

家庭連合は、私をあざけり、さげすみ、十字架につけました。今度は裁判所に引き出して私が持っているものすべてを壊そうと企んでいます。それでも全く構いません。死を恐れないからです。死んだ人間をどうしてまた殺すことができますか。私はすでに死んでいます。これまで彼らは何千万回も私を磔(はりつけ)にし、暗殺したというのです。

私はすでに死んでいる、死んでいるものをどう殺そうというのか。


私は一度死んで、聖霊と私の中に生きておられるお父様の霊によって再び蘇った者です。私を殺すことはできません、もうすでに死んだからです。キリストに生きるため私は死んだ。ハレルヤ。だから彼らは負け試合をしているに過ぎません。


これはクリスチャンの精神と似ています。
聖句を引用します。

ローマ人への手紙/ 06章 04節


すなわち、わたしたちは、その死にあずかるバプテスマによって、彼と共に葬られたのである。それは、キリストが父の栄光によって、死人の中からよみがえらされたように、わたしたちもまた、新しいいのちに生きるためである。


私達も、その精神を忘れず、二代王様と共に、御父様とイエス様の後を、ついて行きたいと思います。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。