埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

家庭連合と、サンクチュアリ教会 ヨハネによる福音書なう

ヨハネによる福音書/ 03章 20節

悪を行っている者はみな光を憎む。そして、そのおこないが明るみに出されるのを恐れて、光にこようとはしない。


澤田さんの活動は、「光」の象徴のようです。
もちろん根本的には、「盗賊達」が憎み恐れる「正統な相続者」が、「光」の本体です。



ヨハネによる福音書/ 03章 27~30節

ヨハネは答えて言った、「人は天から与えられなければ、何ものも受けることはできない。


『わたしはキリストではなく、そのかたよりも先につかわされた者である』と言ったことをあかししてくれるのは、あなたがた自身である。


花嫁をもつ者は花婿である。花婿の友人は立って彼の声を聞き、その声を聞いて大いに喜ぶ。こうして、この喜びはわたしに満ち足りている。


彼は必ず栄え、わたしは衰える。


人は天から与えられなければ、何ものも受けることはできない。
「信じることは、人間の業だが、信仰を持つことは、神様の業だ」という二代王様の説教がありました。
結局、家庭連合の人達は、信仰を「与えられていない」人達です。


花婿の友人は立って彼の声を聞き、その声を聞いて大いに喜ぶ。
先例ヨハネは、イエス様の「友人」ではなかったので、「喜び」は嘘です。
家庭連合の人達も、将来サンクチュアリに来る時に、もはや「嘘」で取り繕えないほど、二代王様に反対する立場が、明確になってしまいました。


彼は必ず栄え、わたしは衰える。
家庭連合の人達は、分かっていないのでしょうか?
それとも、まさか「逆」だと思っているのでしょうか?



ヨハネによる福音書/ 03章 33~36節

しかし、そのあかしを受けいれる者は、神がまことであることを、たしかに認めたのである。


神がおつかわしになったかたは、神の言葉を語る。神は聖霊を限りなく賜うからである。


父は御子を愛して、万物をその手にお与えになった。


御子を信じる者は永遠の命をもつ。御子に従わない者は、命にあずかることがないばかりか、神の怒りがその上にとどまるのである」。 


二代王様と、サンクチュアリ教会と、家庭連合に関する、聖句のようです。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。