埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「エホバの証人」との聖書勉強会 その後

6月16日の当ブログから引用します。

6月10日、事前のアポ通り、エホバの証人を自宅に招きました。

祭壇(脇には、象徴的に、おもちゃの拳銃が置いてある)の目の前のテーブルを挟んで、一対一(男性同士)で「聖書勉強会」をして頂きました。

その後も、継続し、最近では9月5日に行いました。
その時は、「アダムとエバの堕落」について話し合いました。


「二代王、王冠のみ言葉 8月19日英語説教から」から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

その人がイエス様を証(あかし)して、そしてイエス様の再臨を切望する。それで十分ではないですか。それが出発点です。もし再臨を待ち望まなければ・・・再臨主を待ち望まなければなりません。

ということで、「再臨論」までは、対立を避けようと考え、「堕落論」の深入りはしませんでした。


絶対「性」は文明、世界、国家を創る-9.7キングズレポートから引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

性行為の神話的な力は、たいていキリスト教世界では大きな原動力とは考えません。むしろ淫らなもの、欲望とみなされています。

生存の最も要、すべての繁殖と本能と生物学的な要、万物の核心とはみなされていません。

人類の行動を駆り立てる核心とは見切っていないのです。私は標準的なキリスト教神学について話しています。標準的キリスト教徒はこれを要点とみないのです。

だから、カトリックもプロテスタントも、多くの性的な乱れが起きるのです。

将来的には、「性」について、深い議論が必要です。
その時には、「堕落論」だけでなく、まず「創造原理」、それを深めた「本体論」の内容を組み合わせるべきだと考えています。


しかし、自分で考え過ぎず、「神様の力」に頼ることを、忘れないようにしたいと思います。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。