埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

高齢者(自分)が、がっかりした御言葉

<若者よ鉄杖道の家族をつくりなさい。>【3部】7月25日■韓説教「鉄の杖21」 から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

でも、君たちが洗脳されながら社会で学ぶ、「子供産むな!年齢がいくまで待て!」これだこれ。それでは君が子供産めば、すでに50だ。ああ、60!子供が大きくなって、もう10代になるともう君は50だ、60だ!何を言ってるか分かる?年取ってしまう。子供と時代差が大きすぎる。だから子供たちと非常に近いような関係になれない。

子供達も!投票権があるじゃない。子供達、子供達も投票権!子供達も若い親を願う! え?若いお母さん、若いお父さんどんなに格好いいか。我が王妃がこんなに素敵で若いから、若いからいいじゃない。君たちもいいんじゃないの。そうじゃない?

60歳だったら、60歳で、このように少しだけ動いても「あーいやいやいや...」このようにして、君を好きになるか?「お、わが王妃格好いい。 そんなモデルのようだ。うん?若々しく生きている。」子供を早く産んだからでしょ! ん?


しかし、「それでも    私は止まらない」です。


ボブ・ディランの歌詞も引用します。

How far are y'all going, Ruby asked us with a sigh

「どこまで行くの」ルビーはため息をついて私たちに尋ねた

We're going all the way 'til the wheels fall off and burn

「ずっと先まで、車輪が落ちて燃えるまで

'Til the sun peels the paint and the seat covers fade and the water moccasin dies

太陽が塗装をはがし、シートカバーが消え、 マムシが死ぬまで」

Ruby just smiled and said, ah, you know some babies never learn

ルビーは微笑んで言った「懲りない赤ちゃんもいるものだよね


そんなわけで、8月11日・12日にも、「里親研修」に行きます。


そんなわけで、残念ながら、下記は不参加です。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら


任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。