埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「御子女様の苦労」「日本への同情」「危険な環境にいた御父様」「避難地」

文鮮明先生말씀選集の、摂理のプログラムと整備  (2) から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)


1.御子女様の苦労

先生が家庭を投げ捨てるのだ。カインの家庭の為に自分の家庭を投げ捨てるのであり、サタン世界に。そうして直系の子女たちがどれ程腐心しているのがわかるか? じーっと見るとアボジが歩んできたことが間違いない。少しづつすることを見ると話した内容を結論付けることができる事実が目前に見えるようになった。30が越え40代に入りながら全てわかる。自分が昔のように我がアボジが誤ったと言えないようになっている。ところがこやつの統一教会の乞食の子供たちが来て先生の息子娘に会って、会うことができないのだが、会って ‘このような事を知るのか、あのような事を知るのか?’ と言ってありとあらゆる声をすべてあげた。自分たちがそれを知るのか? こうしてアボジを疑うようにつくって家庭の破綻をつくるのだ。皆さんがつくった。


テガリ(頭)が大きい奴らが自分の息子娘が堕落したので先生の息子娘を堕落させれば今後許してあげ入って行く時に従って入って行くのだ。作戦をした奴らもいる。そのような女の息子たちの家庭を、祝福された家庭を神様がじーっとおいておくようか?

とんでもない悪徳幹部がいるものです。



2.日本への同情

日本が何のあんたたちの僕か? あんたたちはなく日本だけ責任を負わなければならない? 負債を負った奴は僕の子供になるのだ。先生は負債を負わない為にすっきりと整理して生きる。

ところが、日本のトップが共犯者になったので、日本が「負債」を返してもらえる道は、無くなったと思います。



3.危険な環境にいた御父様

昔には私が市場に1年に1回も出なかった。最近に手術して食がないために・・・。家で全く同じく。する才能が同じなので毎回おかずをそのようにしておくので匂いが嫌いだ。精誠を込めて祈祷して何々をせよと言う指示を受けて昔にはしたが、、これは習慣性になってするのだ。誰であれ来て台所に出入りしているのだ。台所でそうしているが、盗人を立てて先生の一家を皆殺しさせうる立場になっているのだ。一番いま危険な時だ。


サタン世界が最後まで行動を取ることができるのだ。自分たちが祝福を受けて解放すると言ったが、いまだにだめなのだ。同様にその余力が残っているのだ。

私達は、あまりにも遠くにいて、知りませんでしたが、お気の毒でした。
ニューファンドランドは、そうならないことを願います。



4.避難地

こやつの大韓民国!今現在キム・ジョンイル(金正日)が狂って南韓攻撃を命令すれば、戦争がくりひろげられれば、南北はすべてなくなる。それはどういうことかわかるか? 休戦ラインが何マイルか? 「155マイルです。」 いや、ここから距離が? 「40キロメートルになります。」 40キロメートルにならないじゃないか? これは中距離砲で荒れ地をつくることができるのだ。

そこでホ・ムンド(許文道)のようなヤンバン(両班)は、先生が何故ソウルにいるのかと言うのだ。いつどのついでに何の遊びがあってさーっとしてソウルが飛んで行き、灰の山になりうるのに。何故先生がここにいるのかと言うのだ。ヨス(麗水)に行っていなさいというのだ。イヤ、それを見れば統一教会の皆さんよりできている。国を心配するのだ。何故麗水に行かなければならない? 皆さんが全ていなくなっても先生はいなければならないのだ、その人は。 そのように考えるのだ。先生について回る考えだ。

7月8日の当ブログと同じ場所です。
もちろん、ニューファンドランドは、もっと安全です。
御父様が自ら、二代王様のことを、心配されたのだと思います。


****


上記1を補足します。


米国の敗亡インタビューと二代王の韓氏オモニ回録■キングスリポート7月20日,23日(2日分) から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

韓氏オモニの自己憐憫と自分の人生がどれほど難しいかに閉じ込もって、真のお父様は韓氏オモニ自身をどれだけ苦しめたのかのレパートリーを、子供たちに繰り返し繰り返し述べたということなのです。

そしてそれを韓氏オモニの子供たちが全部受けたということなのです。

なぜ悪い行動なのか?

そのような韓氏オモニの行動は、子どもたちを真のお父様から引き離したからです。

真のお父様に行くことができないように、そう思うことすらできないようにしたということです。

とんでもない悪徳オモニがいるものです。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。