埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「王国」の発展のために 國進様に学ぶ

お互いを王と王妃と呼ぶように。國進監察長官■キングスリポート6月16日(土) から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

国進様は真の家庭には王は一人だけでなければならないと強く思われています。 もしそうしなければ問題が起こる恐れがあるためです。 国進様は王冠をかぶられません。 2代王様はこれまで国進様に王冠を被るようにと圧迫をかけられました


それで国進様は糸を頭に置いて、これが私の王冠だと言われました。 国進様は2代王様に従われます。 しかし、同時に真のお父様の代身者は1人だけでなければならないという気持ちを強く持っておられるので。チエ様も王冠をかぶっておられないのです。

これを読み、下記を考えました。


5月11日の当ブログ「信八様・信満様の道」から引用します。

いずれにしても、「相続」に頼らず、御自身の「王国」を築かれるのだと思います。

しかし、國進監察長官(総監)様の模範に従えば、三代王様の「王国」への協助を、中心に考えられることになるのかも知れません。


さらに応用すると、神氏族メシヤの「王国」についても考えさせられます。
王が複数いるとしても、真の御家庭と違って、「神学」「裁定」の問題(「多神教」の危険)は無いと思います。
(「神学」「裁定」は、真の御家庭の専権事項です。)


しかし、「王国」の発展や強さには影響すると思います。
兄弟は、各自の「王国」ではなく、父母が選んだ「相続者」の「王国」への協助を、中心に考えるべきなのかも知れません。
(兄弟が共に、神氏族メシヤになれる家庭は、もともと運勢があります。
その全体が「相続者」の家庭を中心にまとまれば、より強力な氏族になると思います。)



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。