埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「天聖経」「訓読会」 (文鮮明先生말씀選集から)

カイン、アベルの復帰と責任分担の完成  (3) から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)


1.天聖経

皆さんが周囲で食べて生きているそれが詐欺師のやり方だ、天の主人のものを盗んで食べて生きているのだ。主人が来るときは逃げることも出来ず完全に燃やしてしまわなければならないのだ。そこで火の審判と言う言葉をする。火の審判、火がみ言葉だ、み言葉の審判。『天聖經』に引っかからない人がいないのだ。どういうことかわかるか? 「はい。」

韓氏オモニは、「引っかからない」ように、「改ざん」を行いました。


五感が一つ一つ独立的に行動しない。一つの希望的な天と連結され、調和をなすのだ。そこですべての事が解放がくりひろげられるのだ。わかるか?


そこで毎朝、皆さんは一つの聖経、『天聖經』を学ばなければならない。この世界が別れていなかったのだ。一つの世界だ。内的外的は一つの体であって分けられなかったのだ。

二つ目の「聖経」によって、「調和」と「解放」は失われました。



2.訓読会

訓読会が何か、訓読会? 訓読会と言うのは何か? 皆さんが地獄に行き、神様の怨讐の場において神様を王の中の王として侍り、兄の中の兄として侍り、自分の家族の中の家族として侍り、国の国民の中の国民以上の人たちをつくるとしてこそ神様主義に属した神様の息子娘になるのです。

「訓読会」は、「伝道」であり、「御父様の願い」でした。
今では、「キングズレポート」になり、「二代王の願い」になりました。


2017年12月9日の当ブログから、御言葉を再掲して終わります。
(最近、サンクチュアリNEWSでも、一時的に再掲されました。)

そして皆さんは私の戦いを共に戦わなければなりません。このような愚か者たちと闘いなさい。声をあげろと言うのです。それぞれ自分のキングズレポートを発信するのです。これらの悪者たちに意識を向けなさい!人々を目覚めさせるのです。


****


そこで、大変遅ればせながら、見るだけだったフェイスブックに、「投稿」を始めました。
「政治」関係の「友達」は、減ってしまうかも知れません。
「家庭連合」の「友達」は、どうでしょうか?





(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。