埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

ユダ以外の弟子たちの失敗

1.隣人の命を守れなかった


昨日の当ブログに関連して、本体論で学んだことを思い出しました。
ユダは、自分の「悪」と戦うべきでした。
しかし、他の弟子たちも、ユダの「悪」と戦うべきでした。
「自分は裏切り者ではない」と主張するだけではなく、裏切り者を追及し、事前に止めさせるべきでした。
最も大切な「隣人」、イエス様を守る「平和警察」の責任を果たせませんでした。



2.ペテロも裏切った


「あなたは三度わたしを知らないと言うだろう」も、イエス様の予言でした。
ぺテロは、まず、その「み言」を否定してしまいました。
ペテロは、「自分の心を信じるのではなく、イエス様のみ言を信じ、慎重に考えなければならなかったのです」(原理本体論2012年版677頁)。
「み言」を信じた上で、「悪」と戦うのが、「責任分担」です。
「責任分担」を果たせば、イエス様の「予言」も変わり、祝福の「み言」を下さったと思います。



3.結局、皆、自己中心だった


ルカによる福音書/ 22章 21節~24節

しかし、そこに、わたしを裏切る者が、わたしと一緒に食卓に手を置いている。


人の子は定められたとおりに、去って行く。しかし人の子を裏切るその人は、わざわいである」。


弟子たちは、自分たちのうちだれが、そんな事をしようとしているのだろうと、互に論じはじめた。


それから、自分たちの中でだれがいちばん偉いだろうかと言って、争論が彼らの間に、起った。

「隣人」の心配よりも、「自分」の心配が、大切になりました。
(「善良な人」であっても、「訓練」されていない人は、そうです。)
それでも、イエス様は、次のように指導して下さいます。


ルカによる福音書/ 22章 25節~26節

そこでイエスが言われた、「異邦の王たちはその民の上に君臨し、また、権力をふるっている者たちは恩人と呼ばれる。


しかし、あなたがたは、そうであってはならない。かえって、あなたがたの中でいちばん偉い人はいちばん若い者のように、指導する人は仕える者のようになるべきである。


御父様の御言葉から、似たものを引用して終わります。
文鮮明先生말씀選集の、真の神様の平和王国は我が祝福家庭たちの真の祖国  (7)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

目がひっくり返って出世を考え大声を上げたというが、上がれば上がるほど中心の根が深く入って行かなければならない。皆さんが高ければ根っこを少しづつかじって食べ、反対になれば倒れるのだ。壇上に座ることを好む輩(やから)たちになってはだめなのだ。先生が僕の僕の死活(生活?)を今までしてきたのだ。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。