埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

米露首脳会談? → ベーリング海峡のエピソード

狐狸庵3のブログから引用します。

3月20日、トランプ大統領はクレムリンに電話をかけていたことが分かった。

「4月中にホワイトハウスで直接会談を行いたい」とつたえ、プーチンは前向きな回答をしたという。4月2日に「ホワイトハウスに会談場所が決まったわけではない」とハッカービー報道官は答えた。この米露首脳会談のニュースは、ロシアと米国のメディアが4月2日から一斉に報道し始めた。


サンクチュアリアンのエッセイブログから引用します。

今後の大きな世界の流れは、トランプ大統領・プーチン大統領・安倍首相が中心となって、グローバリスト・中国共産党に対する包囲網を形成すると見ている。米露首脳会議は、そのための体制固めとなり、北朝鮮問題や中東問題で意見を擦り合わせることになる。


米露と言えば、ベーリング海峡を思い出します。
過去には「平和神経」で読むだけでしたが、今は文鮮明先生말씀選集のブログで、詳しい御言葉を読めます。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)


平和の主流の道を探し求める開拓開発  (1)から引用します。


価値

人類が今現在戦争と混乱世界を救うための平和の主流の道を探すことが出来ないが、これだけが平和の道をもたらすことが出来るのだ


会社

ベーリング海峡の我々の会社の名前が何か? 「世界平和王権創建連合です。」(梁昌稙会長報告)


国際問題

「・・・・・・第一に重要な事、国際関係の問題を先に解いて行かなければなりません。ロシア政府でアラスカ州知事の事務室に人を送りました。うわさがしきりに起こって飛行機が行くので情報にとらわれる。そこでそのような問題を早く解決しなければなりません。」


責任分担

だから国会議員を中心にして調査をしなければならない。我々の専用の飛行機に乗って1周しながらある地域はどのようにつくり、12等分してどのどの国が引き受けるのかということをしてそこに責任者を立てなければならない。み言葉も良くしてその次に外交能力がある人! そのような我々平和大使であるとかNGO(非政府機構)クラブにおいていくらでも抜くことが出来る。


UN

共同協力隊、世界のUNで指示するようになればUN法を新しく作らなければならない。その次にカインUN、アベルUNを今回アメリカだけ動けば、二人のカイン、アベル、摂理史においてキリスト教思想や宗教思想も不可避に理論的な基準を持って説明するようになれば反対する者がないのだ。


宗教

宗教を動かさなければならない。6大宗教であれば6大宗教、4大宗教であれば4大宗教を束ねて共同的な会議、セミナーを1次2次3次とするのだ。天主教とか新教とか仏教とか儒教とかといって平和が安着して世の中に幸福な基地をつくることが神様の永遠な創造理想の願いたらざるを得ないのだ。


平和の主流の道を探し求める開拓開発  (2) から引用します。


期限

ベーリング海峡の工事が数千年かかって建てるとしても、狂った人でなければしない。今始めたと言って狂った人と言うが、、始まれば‘いや、狂わずに本当にしようとするのだ!’ というのだ。3年10年だけ引っ張って行けばこのことは統一教会の信徒がか? 今から10年後であれば2015年になるのだ? 「はい。」 その時まで、13年まで限界をつかまえているのだ。


根本を知って順理に合うように生きよう  (5)から引用します。


募金運動

今回ベーリング海峡を発表した? 今回朝総連、民団を初めて会って‘民団3億ドル、朝総連3億ドルの募金運動をするのか、しないのか? こいつらの子供たち! と言う時手をあげて誓ったのか誓わなかったのか? 「誓いました。」 全羅道は? 「しました。」 慶尚道は? 「しました。」 統一教会たちもここに生命財産すべてかけろというのだ。


私が今やこれを始めて看板を付ける前に死んでも

私が今やこれを始めて看板を付ける前に死んでも統一教会が永遠にこのことを完成すれば統一教会の教会員にならない人がいない。 霊界もそうだし地上もそうだ。だからそのことはだめであればだめだ。ニューヨークを売っても作らなければならないし、ワシントンを売っても作らなければならないし、ロンドンを売っても、モスクワのどこどこをすべて売っても作らなければならないのだ。私がそのような自信をもって私の自家用をもってアメリカ大陸を飛んでソ連大陸も飛んで行くのだ。


御生前には、御父様の願いを成すことはできませんでした。
今後の課題として、今も残っていることだと思います。
(お金があるならば、清平を開発するよりも大切なはずです。)



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。