埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「この時は私が一番お金が慕わしい時だ」

真の父母の代身存在になれ  (5)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

今回この時は私が一番お金が慕わしい時だ。国を買うことのできるお金!


ブログ「聖霊のもとにーメシヤの涙」の「真の家庭と統一教会の分裂に関わる全ての秘密を明らかにします!」から引用します。

すると、お父様は、「私も実は日本食口たちには申し訳ない気持ちが多い。可哀相だという思いになる時も多い。自分にある物をすべて献金しても食口たちはむしろ、不足さを感じて申し訳ないと考えているところは、本当にけなげである。韓国の食口たちは、日本食口たちを見るときに、どれほど苦労しているのか、どれほどつらい生活をしているかを分かってあげなくてはいけない。韓国の食口たちは、日本の食口たちがどれだけつらく、苦労して生活しているかが実感できないだろうが、心情的にでも負債を負わないように、分かってあげなければならない」と言われました。


3月28日の「埼玉サンクチュアリ教会」のブログから引用します。

私達も、家庭連合の体験によって、「奴隷生活」に対する敵愾心を学んだとすれば、意味があったと思います。

しかし、御父様の事情・心情を考えると、家庭連合の体験は「奴隷生活」ではなく、「涙の海を成した日本」でした。



根本を知って順理に合うように生きよう (7、完) から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

あなたも嘘をつくだろう? 「少しします。」少しするようになれば、少しする盗人が次第に大きくなっていく、小さくなっていくか?(笑い)


先生を笠に着て’先生がこうしなさいと言ったために私が先生の代わりに話す。’というそのような嘘をつく時がない? 

このような「嘘つき」の存在が、「奴隷生活」の原因だったと思います。



根本を知って順理に合うように生きよう  (4)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

韓国は優れた人をつかまえて殺した記録を持った奸臣達が出世した国だ。忠臣が出ればすべて掴んで殺さなかったか? 

「奸臣達」が「涙の海を成した日本」を殺したのだと思います。



真の父母の代身存在になろう  (8、完)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

代身者と相続者というのは自分よりもよくならなければならない人を立てなければならない。相続者はその家門の先祖たちよりもよい、先祖たち以上になってこそ相続者になるのだ。わかるか? 「はい。」 できなくては代身者がどのようになり相続者がどのようになる? 先生の代身者になり、先生の相続者になり、国と天地を所有できる権限であるということだ。

二代王は、「お金は要らない」とおっしゃっています。
お金が無くても、天一国が出来そうになっています。
その点では、私達にとって、「御父様よりもよい」「御父様以上」です。
しかし、御父様の名誉のために言えば、「霊界の御父様の役事のお陰」だと思います。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。