埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「霊界の革命」 サンクチュアリNEWS・文鮮明先生말씀選集

<「お父様の聖和後に激変したこと」スイス訓読会から>より引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

お父様が霊界に行かれて以降、世界が裏返しにされてすべてのサタン主義者が表側に晒されるようになりました。

これはもう本当に、文字通り、お父様が聖和される前には、誰も世界を支配しているのが誰なのか分からなかったのです。支配層エリートたちを雲のようなものが覆(おお)い、見えなかった。

もしそれについて何か言おうものなら、陰謀論者と呼ばれ、気違い扱いされるのがおちでした。もう全くおかしな人間だと。

それが、お父様の聖和直後から、私たちが言ったようにほんの数年間に、支配層がひっくり返されて世界のグローバル・エリートたちの姿が明るみになったのです。そして彼らのシステムが崩れ始めた。


ピースカップを通したサッカー歴史の新しい伝統  (5、完) から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

私はこれだけをしておいては霊界に行く準備をしなければならない。霊界をすべて革命しなければならない。この世に長くいることを考えない。すべて終えれば自分たちにまかせて‘世の中よ、よくいなさい。’ これだ。霊界に行った息子娘たちをさせて食べることは私は嫌いだ。革命をできない。

そう、2001年1月13日に神様を中心に王権即位式をしたので、2013年に世界と天地を神様と真のご父母様がしなければならないのだ。13数! 1月13日に神様がしたので2013年に国と世界を天の前にお返し捧げて主人の場を決定してこそ地上・天上天国が出発するのだ。その時まで先生が生きれば90何歳か? 「93歳です。」


93歳だ。それ以上生きると考えない。その前に行くことが出来れば、それを歓迎するのだ。私が働くことがなくて早く行けば霊界の革命をできるのだ、パッと。

「2013年に国と世界を天の前にお返し捧げて主人の場を決定してこそ地上・天上天国が出発するのだ」
時はまさに、5年遅れで、それをやり直す2月28日が近づいています。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。