埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

もう一度「御父様とイエス様の違い」 ブログ「文鮮明先生말씀選集」から

王権の樹立と宣言文の解説(6) から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)


それ以上でなければ

先生はイエス様のように国が生きることのできる準備がなされていない。一つも準備をしなかったが、私一人で行くというのだ。誰かを信じなかった。そこで出生の根源から異なる。イエス様の血、キリスト教徒たちはイエス様と文総裁と独生子の名前を・・・。独生子の名前、独生子が死んだので独生子がそのような独生子になるのか? それ以上でなければ。

そう言われて、考えます。
御父様の「洗礼ヨハネ」は「金百文」と教わりました。
しかし、イエス様の「洗礼ヨハネ」は「兄」であり、ザカリヤ家庭もヨセフ家庭も、生まれた時から「準備」されていました。



人を探し回ったということだ

『皆さんが聞かれたように本人はかつて16歳の青年の歳に・・・』 どれ程その時活動が完成したのか? 朝に起きれば、全て目覚める前に隣近所や近所の周辺にある部落をすべて経て私よりも誰が先に起きた人がいるのかというとき、それを競争しながら探し求めてきた。あれば必ず家に良い何かを財布に入れて贈り物として与えると、3度だけそうだとすれば私の息子娘を私が先に友人にするというのだ。そのような考えをして答えたのだ。人を探し回ったということだ。


近所に賢くガキ大将を出来る人たちがおれば探して掴んで用いようとして回ったのだ。だから普通の生活をしてはならないのだ。眠らずにかき回しながら若い青年の頃に必要なもの、することをすべてしたのだ。

16歳以降、「原理の解明」に没頭されたと教わりました。
しかし、それだけではなかったことが分かりました。
「人を探す」ことは、常に大切なことも分かりました。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。