埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

御父様と二代王の違い 本体論セミナーの感想文から

感想文から引用します。

今回、初めて知ったことの第一は、次のことです。

「メシヤ(真の御父様)は、神様の体なので、子女を直接教育できないが、子女様からはできるようになる」ということです。

さらっと書きましたが、ぜひ書いておきたかった、「発見」を確認するために書きました。
劉先生が、少なくとも2回、語ったことを「キャッチ」したものです。
それに基づく、詳しい「悟り」について、以下に書きます。


昨日の当ブログから引用します。

心情と一単語で表現しますが、心情には四つの類型があります。

子女の心情・兄弟の心情・夫婦の心情・父母の心情です。

その心情が成熟するのです。

原理本体自体がそのような過程を経たので、人間もそのような過程に似て完成していくのです。


1.神様の「子女の心情」


それは、「孤児」のようなものではなかったかと思います。
「父母」はいませんので、「父母」なるものへの憧れだけだったと思います。
それを実体として通過するために、アダムとエバも「神様の直接主管」を受けられなかったのだと思います。
「後のアダム」であるメシヤも同じです。



2.神様の「兄弟の心情」


「兄弟」を欲して「天使」をつくったのでしょうか?
諸星くるとさんの領域かと思います。



3.神様の「夫婦の心情」


これが「絶対性」の話です。



4.神様の「父母の心情」


1と連結しますが、「子女を直接主管できない」立場でした。
それを実体として通過するために、御父様も「子女を直接主管できない」立場だったと思います。



5.御子女様の「子女の心情」


4と連結しますが、「父母の直接主管」を受けられませんでした。
それが御子女様達の苦労でした。
その中でも、御父様に認められた二代王は、神様に認められた御父様と似た立場です。



6.祝福家庭(カインの子女)の「子女の心情」


昨年9月12日の当ブログから引用します。

王の王からの祝福は、組織によって、歪められていたようです。

私達は、献金奴隷に過ぎませんでした。

しかし、ようやく「直接主管圏」が来たようです。

5と連結しますが、一般の祝福家庭は、「幹部達の主管」を受けた点で、御子女様達と同じ苦労を通過しました。
もしかすると幹部達も、御父様から「間違いを正されなかった」のは、「父母の直接主管」を受けられない立場だったのかも知れません。



7.御子女様の「父母の心情」


ついに「子女を直接主管できる」立場になりました。


「原理本体論の要約」から引用します。

分立されたアダムとエバは、父の愛を実体のように感じ、体恤できるようにする対象なので、アダムとエバの愛は長成的な愛に該当します。

神様の愛は蘇生的愛、夫婦の愛は長成的愛、子女の愛は完成的愛になるのです。

ですから私達も、「二代王の直接主管」を受けているのだと思います。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。