埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

感動的な御母様の御言葉 他との比較

「シャボン玉のブログ」から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

それで、今、私は真の心を持って、

真実を蹂躙する私にならないで、

真実を真実で受け入れなければならない


という心を持って座っていながらも、

なんだか、私は器になっていない、私は違う…

という思いをしながらも、、


これもまた、真実を蹂躙するようなので、

「ハナニム、思いのままにして下さい。」


私が(私の)一生を私の思いのままにできません。

させられる通りに生きなければなりません。

そういう思いを持っているのです。

短い文章ですが、昨年12月に、御母様の声明文を読んで以来の、大きな感動を受けました。


関連して、思い出したのは、ルカによる福音書です。


 01章 38節

そこでマリヤが言った、「わたしは主のはしためです。お言葉どおりこの身に成りますように」。そして御使は彼女から離れて行った。 

01章 46節~50節

するとマリヤは言った、「わたしの魂は主をあがめ、


わたしの霊は救主なる神をたたえます。


この卑しい女をさえ、心にかけてくださいました。今からのち代々の人々は、わたしをさいわいな女と言うでしょう、


力あるかたが、わたしに大きな事をしてくださったからです。そのみ名はきよく、


そのあわれみは、代々限りなく/主をかしこみ恐れる者に及びます。


次に思い出したのは、自叙伝204頁です(韓氏オモニについて)。

数日後、私は再び妻を呼びました。

呼ばれた理由が分からないまま私の前に立った彼女に、「明日の朝、結婚式をする」と言うと、「そうですか」と言って、それ以上何も聞かず、反対もしませんでした。

反対というものを知らない女性のようでした。

そのように純粋でおとなしかったのですが、神の御旨に対しては固く決心した人でした。


さらに、自叙伝91頁です(崔先吉氏について)。

すると女性は、「好きなようにしていいです。あなたに会った後、月の光の中で花が満開になっている夢を見たので、あなたは間違いなく天が私に下さった連れ合いです。ですから、どのような困難があっても我慢できます」と、気丈な態度で答えました。

それでもまだ不安だった私は、何度か彼女の固い誓いを確認し、そのたびに彼女は「あなたと結婚できさえすれば、どんな事情があっても尽くすので、何の心配もしないでください」と答えて、私を安心させました。


比べてみても、御母様による感動は、やはり「空前絶後」です。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。