埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

キーワードの整理

古くは昨年5月17日の当ブログ、最近では9月11日の当ブログで触れた通り、二代王の御言葉で、「学歴」の価値は小さいことを理解しています。
しかし、「受験勉強」で身につけたことは、「キーワード」を重視することです。
それは「作詞作曲」、そして「ブログ」に活用されていると思います。


<失われた世界的基盤―10月8日礼拝説教「王国の王冠」(その2)>は、特に「キーワード」が印象に残りました。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)
下記の「キーワード」は登場する順番通りです。


神様

主権と自由

そのために死ぬ覚悟

銃器をもつこと

これらは、それぞれ切り離すことができない「セット」だと思います。


自由を愛する人々

覚醒した人々

主権に立つ人たち

家庭連合の人達は、どれにも該当しなかったということが分かります。


神様を受け入れなさい

キリスト教

神を畏れる心

「アベル圏」の条件です。


天一国文化

トランプ革命

主権の運動

主権の文化

王冠と鉄の杖

これらも、やはり、切り離すことができない「セット」です。


嵐の前の静けさ

深刻な時代

しびれるような時

二代王に言われないと、忘れてしまう自分も、「平和ボケ」の仲間だと分かります。


神様の御旨の中

神様の御心の内

最終的な「避難所」「サンクチュアリ」です。


使徒行伝02章 25節から 28節を引用して終わります。

ダビデはイエスについてこう言っている、

『わたしは常に目の前に主を見た。

主は、わたしが動かされないため、

わたしの右にいて下さるからである。


それゆえ、わたしの心は楽しみ、

わたしの舌はよろこび歌った。

わたしの肉体もまた、望みに生きるであろう。


あなたは、わたしの魂を黄泉に捨ておくことをせず、

あなたの聖者が朽ち果てるのを、お許しにならないであろう。


あなたは、いのちの道をわたしに示し、

み前にあって、わたしを喜びで満たして下さるであろう』。 


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。