埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

自分は何者か?

8月27日の英語説教から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

神の人はいつも準備し備えることを求められました。生き延びるだけが目的ではありません。神様が呼ばれるときに御旨を成すためです。神様から必要とされる時に、自分の5%を果たして準備していれば、御旨を果たす手段をもっていることになるではないですか。神様が摂理を進めるために用いられる知識や技能、必要な物資も。


そうして人々を神の国に連れて行くのです。


八潮市で約200回された演説の、別の一部を引用します。

私は早稲田大学法学部卒業です。

証券会社で、経済と金融を学び、海外経験もしました。

その後、転職して、中小企業の苦労も知っています。

そして、流山で議員経験もあります。

しかし、八潮市では新人です。


私は、中学時代、推理小説が好きで、自分でも短編を書きました。
高校時代は、推理小説の主人公の一つのタイプである「弁護士」にあこがれ、法学部を目指しました。
大学時代は、ボブ・ディランを知って、作詞作曲を始め、「弁護士」になれるほど勉強しませんでした。
就職では、「情報」の力、「株屋」の「男らしさ」に惹かれ、証券会社を選びました。


そして、「キリスト教」に出会い、「この世」の出世は追わなくなりました。
御言葉によれば、「学歴」や「金融」は価値がありません。
「議員」は、行政(政府)に対しては「市民の代表」ですが、市民(王様)に対しては「特別公務員」すなわち「しもべ」「宦官」です。


自分にとって、「神様が摂理を進めるために用いられる知識や技能、必要な物資」は何なのか?
まもなく「還暦」(60歳)を迎えるというのに、「不惑」(40歳)にも足りないのは、長い間、「奴隷」にされていたためです。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。