埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

伝道・渉外を実践するために 「亨進様・国進様 Q&A 2017年1月29日」から

1.アベル圏のエリートと協力する

皆さんは今から忙しくなります、忙しくなる。その人達と同参しながら、そいつらと討論しながら、鄭奎載(チョン・ギュジェ)教授、社長がアベル圏にいる天一國国民、天一国憲法を受けることが出来る上位層の人々を知っていることでしょう。

上位層が善と悪に分別されなければ、革命が起こっても革命が共産主義左派側に行ってしまいます。上位層が問題です。上位層。そいつらを分立させなさい。上位層の人達を分立させてこそ、アベル圏とカイン圏に分立させてこそ、市民達はアベル圏と共に立ち上がることが出来ます。市民達が一人でしたら共産主義の復讐を受けてしまいます。


2.精誠を尽くして、御父様の導きを受ける

今からは天の前に悔い改めながら お父様の七死復活八段完成の路程を歩まれながら三代王権までを立てるために苦労され苦痛の場を歩まれながら立てられた天一國憲法を利己的に自分だけ抱いて自分の希望にしたのですが悔い改めながら「お父様、直接私を導いてください。誰々にこの祝福をこの天一国憲法を この希望を誰々に分け与えることができるでしょうか 」と言いながら 皆様の精誠がお父様の御心にかなうならば正確に(答えを)見せてくださるでしょう。 そうでなければ皆さんは 大きな罪を犯した者になります。

皆さんは分からなくても お父様は全て知っておられます。 皆さんは気づかなくてもお父様は誰々が天一国憲法が見なければならないか正確にご存じです。(バンと両膝を叩かれる)

今からはどのような時よりももっと狂ったように精誠を込めて お父様から直接指導を受けることができる条件を立てて 「この天一国憲法を誰と誰に伝えればいいでしょうかお父様」 と言いながらその精誠が十分であれば直接的に見せてくださるでしょう。 アージュ(アージュ)

今や時間がないので 誰に誰を通してこのような内容を活動できるのか皆さんの考えと皆さんの心では出来ません。精誠を尽くしてお父様が直接的に導いてくださる感だけが、誰にこれを伝えればならないとお父様が見せてくださったのならば すぐに出かけて 機会をつかんで 天一国憲法を持って教会を出て行かなければなりません。

その人の中で誰がドナルドトランプと 鄭奎載(チョン・ギュジェ)とアベル圏にいる人たちと 連結することができるかを皆さんは知ることができません 。皆さんの能力ではだめなのです。みなさんの知恵ではだめです。みなさんのネットワークではだめなのです。

お父様が定めてくださったその人達を通して行って、鄭奎載(チョン・ギュジェ)とアベル権・所有権の奴らを集めることができる最後の機会です。


3.御言葉で確認する

お父様の聖霊の役事と その人たちを見せてくださる時 あーこの人たちに伝えないといけないと見せて下さったなら すぐにみ言で確認しなさい。 確認。

もしかして サタンが悪の霊と悪魔を送って 皆さんを混乱させるために 他の悪い奴らに与えなさいというかもしれない状態でもあるからです。それを把握することができるのはみ言である、み言。

そうしなければ悪に騙されてしまいます 、悪の霊界の悪魔に。

 

お父様の声で、「やややその人にあげなさい。」お父様が直接見せてくださった時にすぐに確認しなければなりません。すぐに聖書を開いて、旧約新約と成約の御言を開いておいて、全て御言に通告して、神様が動くときに動かなければならないと言う事実が現れたならばその人に早く伝えないといけません。旧約、新約、成約時代は連結されています、御言で。

 

皆さんの幻を信じることなく、皆さんの夢の世界を信じることなく、皆さんの感情を絶対に信じてはいけません。そのような内容が起った時にすぐに御言を見なければなりません確認するために。 旧約、新約、成約。そうしてこそ、その幻や夢が正しく導いてているのか現れます。神様のみ言 命のみ言、生きてるみ言、死んでいる罪ではありません。命のみ言。生きてる御言。


4.討論して理解させる

ここにいるキリスト教徒達はここに来て天一国憲法を見たとき、最初は衝撃を受けたましたが、継続して討論して継続して教育したので、お父様、再臨主を、ああ、この方は本当に再臨主だ、と分かるようになりました。

そのような世界を建設された文鮮明総裁と言う方は文鮮明総裁とは、あるキリスト教の牧師だと思ったが、なんということか、文鮮明氏の結実を見たところ、どの様な木が起きたのか分かりましたと言うようになるのです。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )
         任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。