埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「真実味のある人が好きです。」

1月4日の当ブログで、「二代王様のストレス」として、引用した御言葉を再掲します。
(赤字の強調を加えました。)

妻が最近女王蜂のチャンネルを準備しながら、数週間の間で私に感謝の言葉を3回以上言いました。

「あなたがこんなにたくさんの重圧感と恐怖に勝って、私たちを指導してくださっているということを知りませんでした。本当にありがたいです。」と座っていたと思ったら突然そんなことを言いました

事実、私も人間です。

嫌悪発言をする牧師と呼ばれることは嬉しいことではありません。左派マスコミとインタビューをすることが、常に楽しいわけではありません。

二代王様でさえ、そうです。
昨年、江利川会長を擁護する人が、同様な表現をしたことを思い出します。
「江利川会長も(生身の)人間です。」
御父様に鍛え上げられた「鉄の女」と言えども、そうです。


「味方」だとすれば、心情への「配慮」があった方が良いです。
うっかり「配慮」を忘れたとしても、「味方」であり続ける方が良いです。
しかし、「敵」だとすれば、「敵」らしくする方が良いです。
「敵」であるのに、「味方」のふりをするのが最悪です。


同じく1月4日の当ブログで、「予告」に関連して引用した御言葉を再掲します。

もともとボクシングの試合で人を倒すパンチは、その選手が考えもしないところから飛んでくるパンチなのです。

「味方」のふりをした人からの「裏切り」が最悪です。
そういうことを平気でする、「詐欺師」「サイコパス」こそ、一番警戒すべき相手です。


在韓米軍撤退の道を行く韓国◆キングスリポート1月2日, 3日(2日分) から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

魚が広い海にいる時は、どんな魚が価値があるのかよくわかりません。

しかし陸地へ魚を引き出してこそ、魚の価値を判別できるのです。


人の考えが頭にある時は、それが良いのかそうでないのかよくわからないのです。しかしその考えと思想が人の前で表現され、具体化された時それは判別を受けます。それが自由市場の長所だというのです。

(エルダー本部長:)私が言ったようにロムニーは今回の2020年の選挙に大統領を抑えて共和党の候補で出馬しようとするのです。

彼がワシントンポスト紙にトランプ大統領の人身攻撃と彼の政策を公に非難し始めたのは実は新年の彼の新しい行動ではありません。

彼が新しいマケイン(共和党上院でトランプを政党の中で反対/民主党の莫大な支持を得る)になるためでしょうか。

彼が今、している行動は権力を握ろうとしてシーザーの背中に刀を刺すブルータスとは果たして違う行動でしょうか?


結論として、2019年は厳しい年になります。◆キングスリポート12月31,2019年1月1日(2日分) から引用して終わります。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

多くの人の中で私たちは真実味のある人が好きです。

もちろん真実味のある人が完璧だというのではありません。

しかし自分が言ったことを守ろうと努力して、実行した人たちを私たちは区別できるし、そのような人たちを私たちは好きです。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。