埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(蘇生期・真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「奴隷」「朽ちない冠 神の栄光」「試練」 コリント人への第一の手紙から

1.奴隷


コリント人への第一の手紙/ 09章 19節

わたしは、すべての人に対して自由であるが、できるだけ多くの人を得るために、自ら進んですべての人の奴隷になった。 


思い出す過去記事は次です。



2.朽ちない冠 神の栄光


コリント人への第一の手紙/ 09章 25節

しかし、すべて競技をする者は、何ごとにも節制をする。彼らは朽ちる冠を得るためにそうするが、わたしたちは朽ちない冠を得るためにそうするのである。 


コリント人への第一の手紙/ 10章 31節

だから、飲むにも食べるにも、また何事をするにも、すべて神の栄光のためにすべきである。


関連するリンクと、思い出す過去記事は次です。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)



3.試練


コリント人への第一の手紙/ 10章 13節

あなたがたの会った試錬で、世の常でないものはない。神は真実である。あなたがたを耐えられないような試錬に会わせることはないばかりか、試錬と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さるのである。 


コリント人への第一の手紙/ 11章 31~32節

しかし、自分をよくわきまえておくならば、わたしたちはさばかれることはないであろう。


しかし、さばかれるとすれば、それは、この世と共に罪に定められないために、主の懲らしめを受けることなのである。


思い出す過去記事は次です。



(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。