埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、真の御父様・亨進様・国進様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

「政府」という「泥棒」 昨日の当ブログの補足

1月3日韓国語礼拝「神様の王国の、鉄の杖1」<全文訳>の後半から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

さあまた、神様の憲法を通じ、泥棒、盗みを一番うまくできる組職が何ですか?マフィアでもなく、やくざでもなく誰ですか。政府。政府。政府は、一番うまく泥棒する組織です。なぜ盗みを働いていますか。市民たちが税金を納めたくないのに、無理矢理に市民らが稼いだお金を奪って行きます。それは何ですか。盗みでしょ?


皆さんは今韓国、米国に住むと米国に50%、オバマから50%、60%、このように政府にあげなければいけなかったのに、それが何考えてみてください。それを全部、皆さんのポケットに全部入れて、家庭のために、村のために使うことができれば、それはどれだけいいでしょうか。このお金を政府が持って行けば、例えば1万ウォンが政府に行った時には7500ウォンが政府関係者たちに行きます。そして、2500ウォンが貧しい人たちに行きます。理解していますか。75%は政府関係者たちに行きます。

政府が大きくなればなるほど税金が上がり、また、いろいろな税が増えます。また、作ります。これは詐欺、詐欺。

昨日の当ブログでは、日本の警察が、小さな「泥棒」より「強い」ことを考えました。
「警察」を含む「政府」自体が、大きな「泥棒」だと考えると、日本も「地上地獄」だと実感できます。


大きな「泥棒」について考えると、対策は「政府の縮小」です。
キングスリポート1月1日(月)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)

2018年に連邦政府の高位官職者たちの予算策定に、多くの削減がある予定です。

2019年にはさらに多くの連邦政府の高位官職者たちの予算が、さらに削減されでるしょう。とトランプ政府は言っています。

これをめぐって反対も少なくないが(人材不足で仕事ができない)、トランプ政府は新政府と技術的に発達した現代社会と合わせて、政府の肥大化した腰をもっと健康に、不要な官僚制度の手続きを減らす必要があると言いました。

(ヨナニム:すみません。 各政府部署がどれぐらい政府人員を減らしたのか、詳しく記事が説明しています。私が付いていけなくて、ごめんなさい。 )


トランプ大統領が就任すると、7千人近い政府従事者たちが自発的に辞退したのも、政府の肥大さを減らすことに貢献しました。

中央政府がますます小さくなっていますね。

本当に良いことです。本当に鼓舞的です。

二万人くらいの中央政府要職の人たちが昨年辞めたり、辞職をしたのですね。

トランプ大統領は昨年一年間で、こんなに多くの癌の手術を、すべての事を進めながら、やり遂げていました。

肥大化した中央政府の大きさを減らすのは、本当に望ましいことだと思います。


10月30日の当ブログからも引用して終わります。

「トランプ革命」ならぬ「庶民革命」を掲げるのは、河村たかし名古屋市長が率いる地域政党「減税日本」です。

「アベル側」かどうかは、他の側面も見なければならないと思います。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。