埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会 埼玉教会)

私ども夫婦は、2015年8月30日に米国サンクチュアリ教会本部で行われた「真の御父様の聖和3周年記念礼拝」(真の基元節)および「真の御父様の権威に戻るための祝福式」に参加し、同日の夜、日本において「真の御父様の権威に戻るための祝福式」を行うための、任命の祝祷を受けました。
2015年12月30日にCyberサンクチュアリ人協会の会長を辞め、文鮮明真の御父母様・文亨進二代王様・文國進監察総監様の側近である江利川総会長の下で働くため、日本サンクチュアリ協会に移籍しました。

艱難=荒野=道場の心構え

キングスリポート12月29日(木)から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)


艱難

私は本当に、「艱難を喜んでいる。なぜなら、艱難は忍耐を生み出し、忍耐は錬達を生み出し、錬達は希望を生み出すことを知っているからである。」という、そのローマ書5章の段階を私は本当に経験しました。


2017年12月27日水曜礼拝「神様の王国の防御の権利」から引用します。
(翻訳・掲載に感謝申し上げます。)


荒野

荒野はダバル、ヘブライ語でダバル、ダバはどこから来ますか。ミドゥバ、ミドゥバ、荒野はミドゥパとどこから来るのかダバから来ます。ダバが何か?神様の言葉という意味です。み言葉、荒野は神様の言葉を発見できるところです。氷点下11度、氷点下11度寒い荒野で神様の熱い言葉を発見することを祈願します。(拍手)


道場

神様を愛して隣人を愛せよ。そんな気持ちで道場に入って来なければなりません。この馬鹿たちよ。ああ今日、私が誰かに負けるか?私が誰に勝つだろうか。それではダメだよ。そうじゃないですか?


心配するより仕事をしなさい

明日を思いわずらわないで、今日、今日、今日懸命に仕事をしなさい働きなさい。それも、本当に驚くべき言葉です。そうでしょう?もちろん、未来のために準備しますが、狂ったように、狂ったように、自分が今日麻痺するまで心配するのではありません。


長期戦

また戦い、また休んで、また戦って、また休んで、また戦って、こんな感じです。だから、長い間、戦うことができる人!一つの戦いに、ウアー、と狂ったように戦って、すうっと力が抜けて疲れて死ぬ人ではなく、長い間戦って、また戦って、また戦って、また自分が、自分の心を回復させて戦って、このような人、このような性格がとても重要だそうです。

練達は何ですか?長く行くことができるという言葉です。一時的な爆発的な力ではありません。

希望は最初から出てきません。そうですか、そうではないですか?真なる深い希望は、そのような難しい内容を通じて、忍耐を通じて、通過。忍耐も通過しなけれならず、また練達も通過しなければならず、その後に、神様が希望の祝福を下さるのです。


自我を無くして

(讃美歌:「荒野を行く」を歌われる)

私の自我よ、粉々に砕けて、高くなろうとした私の夢も、神様の前に出しておいて、私の自我よ、粉々に砕けて、ただ主の意のみ行われることを、私を通じて神様が現れることを荒野に通りすぎて。拍手。(拍手)それ何?

私の自我が粉々に砕けて、皆さんも、「あ、私どうしよう、イギョンに負けた。私、ユナに負けた。あ、私どうして・・・。」とこのようにしますが、まだ自我があるのです。

ところでその黒帯になるためには1万回は負けなければなりません。本当に何万回以上も。だから負けることに対する絶望感、無惨depression(憂鬱)は初心者の内容です。これ。負けてもケガさえしなければいいのです。その日に負けたとしても、よくやったと思って、その人から学びながら、強くなることができます。


(お問い合わせ先:メール sanctuary.saitama@gmail.com
         電話番号 堀勇一070-6670-5334 堀久子070-6637-7424 )


「キリスト教」のブログは、こちら

任命式の映像はこちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。